流れが一瞬で大きく変わった

大連敗を脱出したからには、大連勝のスタートだと思ったが・・・・
序盤はカープのペース。

アドゥワ誠もランナーを出しながら(2アウトからが2回、1アウトからが1回、6回裏は先頭打者)も、なんとか抑えていましたが、6回裏は、アドゥワ誠にとって悪夢ではなかったか。

序盤、昨日に続いてカープ優位で進めます。

2回表、先頭6番安部友裕がライト前、7番磯村嘉孝見逃しの三振のあと、今日スタメン8番小園海斗がセンター前で1アウト2塁1塁。
9番アドゥワ誠の送りバントをロペスがエラーで1アウト満塁。
ここで1番西川龍馬がライト前に2点タイムリー、3番バティスタが強烈なショートゴロ、大和のグラブをハジキセンター前に、これでこの回3点です。

3点リードの6回裏、
2番筒香(昨日から2番に入っている筒香、ポイントゲッターになっています)がセンターフェンス直撃の2塁打、3番ソトがレフトへでかい2ランホームラン。
4番ロペス見逃しの三振の後、5番佐野がレフトフェンス、6番宮﨑がレフトへ2ランホームラン。
あっという間に、4点、逆転されました。

強い時のカープみたいな攻撃でした。
ヒット、2ラン、ヒット、2ランですからね。
たまったもんじゃないですね。
これで、流れは一気に横浜です。

しかし、カープ、直後の7回表、2アウトから鈴木誠也がレフトのホームランで同点にしました。

しかし流れは横浜のまま、7回裏、レグナルトが乱調です。
1アウトから、1、2、3番と連続四球。

4番ロペスがレフト前で1点。
今日解説の梵英心さん、なつかしい、ロペスはストレートに全然合ってないので、この球(ストレート)で勝負すべきと言っていたのに、変化球を投げて打たれました。(キャッチャーのサイン?か、レグナルトの考えか?)
梵英心、なかなか鋭いところを突く解説でした。

そのあと、宮﨑にも2点センター前に打たれ降板。
遠藤淳志もセンター犠牲フライを打たれ、この回4失点です。(4点リードされました)

こうなるとカープの反発力はなくなります。
そのまま、ズルズル負けました。

バティスタが、9回表、ソロを放ちましたが・・・・
バティスタ、4回表、1アウト満塁になったところで、打つべきでしょうよ。このホームランは。
外角低めを空振り三振でしたが・・・
ここで、ヒットでもいいから打っていたらなぁ・・・・

まぁ、いつもチャンスをものにしていりゃ連敗なんかしてないですね。

緒方孝市監督の口癖、明日から切り替えていきます。
明日は、絶対勝って、波をカープに持ってこい。

2019年 7月16日(火)18:00~ 横浜 8-5 広島 (横浜スタジアム)
対戦成績7勝6敗1分、通算成績39勝44敗3分(5位、首位Gから12.0ゲーム差)

アドゥワ誠 6回26打者79球6安打6三振2四球4失点
レグナルト 1/3回6打者30球2安打1三振3四球4失点、4勝2敗
遠藤淳志 2/3回3打者16球1四球0失点
塹江敦哉 1回4打者22球3三振1四球0失点
ホームラン:鈴木誠也20号(7回=ソロ)、バティスタ19号(9回=ソロ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ