交流戦はダメだこりゃ

打てないカープ、本当に打てないですね。
ここという時に。

先発・九里亜蓮、初回先頭から連打、サードゴロの間に1失点。
先頭から3人で1失点です。
が、何とか5回までこの1失点のままで降板です。
まぁ、先発の責任は果たしました。

この間、4回裏、カープは先頭5番西川龍馬がライトへホームラン、6番會澤翼がレフト前、7番安部友裕のセンター犠牲フライで逆転。
これが、精一杯という感じの今のカープ打線です。

このまま、リリーフ陣の勝負という展開になります。
リリーフ陣は、一人を除いて頼りになります。

7回表、中村恭平が1アウトから連打され、2アウト取りましたが、3番中村にレフト前に打たれ同点になりました。
その前(6回)の一岡竜司、8回のレグナルト、9回、10回のフランソア、キッチリ抑えました。
中村恭平も、1失点だけ、追加点を許さなかったので合格でしょう。

そして、延長11回、中崎翔太が登板します。
延長だから仕方ないのでしょうか。
先頭7番藤岡に2塁打。
これでもう勝負あったかな、という感じです。
送りバント、タイムリー、送りバントタイムリーで4失点ですよ、気が付けば。
想定内ということでしょうかねぇ。

それにしても、カープ打線、さっぱり打てないですね。
何故、打順を元に戻したのかねぇ。

交流戦、2日前の東北楽天に数少ない勝ったのに、この時の打線で臨まなかったのかねぇ?
勝っている時は変えるな!。
この鉄則(?)があるのに。

鈴木誠也もブレーキになりましたねぇ。
カープの打者、ただただ、打席に入って淡泊にバット振るだけ。
粘りが見られないですね。
作戦立てようにも、ランナーが出ないのでどうしようもない。

一方、パリーグの打者は、粘って粘ってなんとかしようという意識があります。
カープ選手の打席、ちょっと目を離すと、もう次の打者。
パリーグの打者の打席、まだ打ってるの?よく粘るなぁ。
こんな感じですね。

またカード初戦取れませんでした。5試合連続です。
もう、交流戦はどうでもいいですね。(よくないが・・・・)

2019年 6月18日(火)18:00~ 広島 2-6 千葉ロッテ (マツダスタジアム)
対戦成績1敗、通算成績36勝28敗2分(2位、首位Gから0.5ゲーム差)

九里亜蓮 5回22打者97球5安打6三振2四球1失点
一岡竜司 1回3打者9球0失点
中村恭平 1回6打者21球3安打3三振1失点
レグナルト 1回4打者14球1三振1四球0失点
フランスア 2回7打者19球2三振2死球0失点
中崎翔太 1回8打者21球4安打1四球4失点、2勝3敗8s
ホームラン:西川龍馬3号(4回=ソロ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ