野村祐輔、抜群の投球

いいピッチャーが、その日、調子よくいい投球をする。
これで勝てないはずがない。

野村祐輔、お見事、天晴れです。

ヒットを打たれたのは、2回、先頭4番ロペスのレフト前だけ。
それにしても、ロペスはカープ戦ではよく打ちますね。

ここで先頭打者を出し、四球、連打で崩れるのかな・・・・
と、ちょっと心配しましたが、後続を連続空振り三振、セカンドゴロでピシャリ。

この後はスイスイ、野村祐輔の命である制球力抜群の投球、ランナーは5回エラー(小園海斗)で出しただけ。

しかも、無四球ピッチング。
これじゃぁ、崩れることないですね。

打線は、相手京山に対して、序盤からガツンといくと思ったが、そうはいきません。
四球が2つあったが、打てません。

4回、先頭2番菊池涼介が左中間2塁打。
3番バティスタショートゴロで、2塁ランナー菊池涼介進塁できず。

ここでバティスタにチームバッティングを期待するのは無理なんでしょうか。
2塁にランナーがいる時にショートゴロが多いような気がします。
右方向へ打てよ!と思いますが・・・・まぁ、できないのでしょうね。
これには目をつぶって、長所である長打力に磨きかけた方がいいのかも。

パスボールがあり、菊池涼介は3塁へ。
4番鈴木誠也が四球で1アウト2塁1塁。
ここで、ダブルスティールで菊池涼介がホームへ、先制点です。

5回、交代した相手ピッッチャー桜井に対して、1アウト後、1番西川龍馬、センターへヒット、菊池涼介四球、ここでバティスタがレフトへ3ランホームランです。

やっぱりバティスタは“これ”ですね。
この長打力、ホームランがやっぱりバティスタの“魅力”ですね。

今日の野村祐輔のピッチングなら、これで大丈夫でしょう。

9回は、フランスア。お約束の先頭打者(安全牌大和に2塁打)を出して1失点しますが、最後はロペスを空振り三振に取り、ゲームセット。
カード勝越し、コレでいいでしょう。

2019年 8月8日(木)18:00~ 広島 4-1 横浜DeNA (マツダスタジアム)
対戦成績9勝8敗1分、通算成績54勝48敗3分(3位、首位Gから1.5ゲーム差)

野村祐輔 8回26打者104球1安打6三振0失点、6勝3敗
フランスア 1回5打者23球1安打1三振1四球1失点
ホームラン:バティスタ26号(5回=3ラン)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



2 Responses to “野村祐輔、抜群の投球”

  1. monmon より:

    また長い連敗が始まってしまうのかと思いきや直ぐに勝つことができてよかったです。バティスタのホームランはすごかったですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ