同じ負け方

チーム全体が、緩んでいるのでしょうね。
勝つ気もなければ、粘りもない。

序盤に点を取っても、中押しがなく、終盤やられる。
最近、同じパターンで負けます。

初回、菊池涼介がレフトポール際にホームランで先制。
2回は、先頭長野久義がショートゴロ内野安打、メヒアがライト前、ここからは下位(小園海斗、石原慶幸、ジョンソン)にまわるから点取れる要素はなくなります。
小園海斗、セカンドゴロのあと、石原慶幸のスクイズで1点追加です。

カープの下位打線は、小園海斗のところでいつも切れますから、この作戦(スクイズ)はありでしょうね。
もっともっと使っていればよかったのに。

でも、カープの得点はここまで、
相手先発、カープに強い西に対して3回以降はサッパリ。結局8回まで投げさせます。
同じピッチャーにいつもやられます、カープは。
ちったぁ、データ分析しているのでしょうか?
同じ失敗ばかり、少しは学習しろよ、ほんまに。

カープ先発、阪神に強いジョンソン、順調なすべり出しです。
だけど、ジョンソン、何が気にくわないのかイライラジョンソンになります。
6回、初めて先頭(梅野)を四球で出します。
バント、ファーストゴロで2アウト3塁にします。
が、近本の時、ワイルドピッチで1点献上です。
近本、福留に打たれマルテの時、きまたワイルドピッチで1点です。
1イニングで2回、2点、何やってんだか、ほんまにもう、おっこるでほんまに by 横山やすし。

7回から、菊池保則が登板、ピチャリと締めます。
が、が、カープのリリーフ陣は、回跨ぎするとだいたい打たれます。
菊池保則も例外ではありませんでした。
8回、先頭(カープ戦でよく打つ梅野)にレフトへ2塁打、1アウト後、北條にレフトスタンドに持っていかれます。
2点勝ち越されました。

同じ失敗ばかり、学習しろよ、少しは。
まぁ、もっとも今信頼できるのは、菊池保則と中村恭平くらいか。
菊池保則を責められませんね。
中村恭平はどうしたんでしょうね、最近出てこないけど。

まぁ、負けるべきして負けました。
これじゃぁ。クライマックスシリーズにも出場できないでしょうね、きっと。
あぁあ、情けないことです。

シーズン終わったらすぐにでも、新監督を発表して、秋のキャンプの構想でも考えた方がいいですね。

2019年 9月21日(土)14:00~ 広島 2-4 阪神 (甲子園)
対戦成績12勝13敗、通算成績69勝69敗3分
3位、首位G優勝

ジョンソン 6回22打者98球3安打2三振2四球2失点
菊池保則 2回8打者27球2安打1三振2失点、1勝3敗
ホームラン:菊池涼介13号(1回=ソロ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ