野村祐輔、思わぬ降板

初回、空振り三振、見逃し三振、ライトフライとスイスイ片付けた、野村祐輔。
2回表、先頭雄平にセンター横(丸のサッカーのおまけつき)2塁打からバレンティンにレフトポール際に打たれ早くも1失点、それからレフト前、ライト前、サード安部友裕が弾く内野安打で1失点、と先頭から5連続ヒットで2失点です。

こんな野村祐輔、わたしは見たことありませんでした。
3連打くらいはあったかな。

この回何点入るの?と思いましたが、ここから空振り三振、ファーストゴロホームアウト、レフトフライで2点だけに終わりました。

ノーアウトから、5連打、塁上はランナーだらけ、何点入るかと思いましたよ。

結果は、2点でした。
2点なら、なんとかなるかも?と、多少期待して観ていました。

3回表も、先頭山田にレフト前、おいおい、どうなってんだ。
ショートフライ、四球(このとき、山田盗塁)、ピッチャーゴロを弾くも2塁アウト、ファーストファールフライとなんとか汚点に抑えました。

なんかおかしいと思ったが、野村祐輔はこの回で降板しました。
まぁ、今日の野村祐輔では、この降板は正解でしょう。

カープ打線は、先制2点を喰らったけど、1点づつ返していきます。

2回裏は、先頭鈴木誠也が左中間2塁打、7番松山竜平のセンター前で1点。
3回裏は、2番菊池涼介が四球、鈴木誠也のフラフラと上がったボールは、ライト、セカンドが追うが、ラインギリギリの所へポテンと、これで同点です。

4回からは、急遽登板でしょう、藪田和樹が、快調に飛ばします。

その間の5回裏、先頭・菊池涼介がレフトオーバーフェンス直撃の2塁打、丸佳浩のセンターフライで3塁へ、鈴木誠也、四球、5番安部友裕がライト前に勝ち越し打、終わってみれば、これが決勝点ということになりました。

なんとなく、逆転しましたという試合でした。

藪田和樹は、4、5、6回を無得点に抑え、勝ち投手(3勝目)。
この日登録された、中崎翔太が7回、8回はいつものようにジャクソン、9回は、今村猛が抑え、久しぶりの逆転勝ちです。

2017年 5月23日(火) 18:00 広島 3-2 東京ヤクルト (マツダスタジアム)

野村祐輔(3回、51球6安打3三振1四球2失点)→藪田和樹(3回2安打2三振無失点、3勝1敗)→中崎翔太(1回1三振1四球無失点)→ジャクソン(1回1安打2三振1四球無失点)→今村猛(1回1安打無失点、8s)

※野村祐輔
2回突如崩れ、3回で降板しましたが、腰の違和感を訴えたようですね。
1回を完璧に抑えたのに、急にくるもんなんですかねぇ。
今後が心配です。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ