中村祐太、ボロボロ

中村祐太、3連勝のあと3連敗、どうもよくない。
胸に期するものあっての登板だろうと推測しました。

が、立ち上がりから四球、おいおい、昨日の岡田明丈もそうでした、どうなるんだろうと思いましたが、0点に抑えます。
2回は、下位打線ではあるが3者凡退。
むむ、これは・・・・少し期待できると思いました。

が、が、が、3回は先頭9番ピッチャーマルティネスをレフトフライに取ったが、1番西川からがいけません。四球、センター前、四球でワンアウト満塁、ここでなぜかマツダスタジアムでよく打つ中田翔に2点タイムリー、さらに5番レアードにレフト特大の3ラン、計5点です。
コレで決まりましたね。
その後も四球、レフト前、ライト3塁打と連打され降板です。
7点も取られましたよ。

内容もよくない、四球からタイムリー、ホームラン、完全な負けパターンですね。

中村祐太、もう一回下で鍛えた方がいいですね。
今日の試合、3回で終わりましたね。

2018年 6月7日(木)18:00~ 広島 4-8 北海道日本ハム (マツダスタジアム、広島1勝1敗)

中村祐太(2回1/3、79球6安打1三振4四球7失点、3勝4敗)→フランスア(4回2/3、1安打6三振3四球1死球1失点)→永川勝浩(2回2安打2三振0失点)
ホームラン:野間峻祥3号(4回=2ラン)

※フランスア、永川勝浩
点差が開いたところでの登板でしたが、好投ですね。
今度は、もう一回先発で起用したらおもしろいですね。

懐かしの顔、永川勝浩も出てきました。
まだカープにいたんですね、という感じ。
2回を難なく抑えました。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ