「2019年9月」の記事一覧

負けるべくして負けた

今年のカープは、 ここで打たなくてはいけない時に打てない。 ここは守るべき所だという時に守れない。 ここは交代だというときに交代させない。 緒方孝市監督の、決断力の遅き采配で負けた試合が多く、勝率5割が精一杯な1年でした・・・

勝ったけど

同じような試合運びですね、毎回毎回。 相手先発、ノーヒットノーラン試合をやったばかり大野雄大に対して、初回、2アウトから鈴木誠也がレフトオーバーの2塁打、ワイルドピッチ塁へ。長野久義が低めのボールをうまく打ってセンター前・・・

同じ負け方

チーム全体が、緩んでいるのでしょうね。 勝つ気もなければ、粘りもない。 序盤に点を取っても、中押しがなく、終盤やられる。 最近、同じパターンで負けます。 初回、菊池涼介がレフトポール際にホームランで先制。 2回は、先頭長・・・

サヨナラ負け、なんたる負け方

これが、緒方孝市監督の集大成ですかね。 情けないことです。 カープ戦5勝の、天敵今永から7点を取ってKOさせたのに大逆転されるのだから・・・・ これが、チームを緩めすぎた結果でしょうね。 相手先発今永に対し、初回、先頭西・・・

つまらない試合

カープ、何を目的に試合やっているのでしょうか。 クライマックスファーストステージをマツダでやって勝ち、東京ドームでジャイアンツに4勝して、日本シリーズに出て、日本一になるためじゃないの。 そんな気概、気迫は全然感じません・・・

たいくつな試合

フレッシュな若い選手に期待したが、相手先発田川に初勝利をプレゼントです。 エルドレッドのようにやさしいカープです。 塹江敦哉ががんばって、野手陣が打ちまくり勝ち星をあげなきゃ。 塹江敦哉、初回こそ、3者凡退に切り抜けまし・・・

つまらない試合

ジョンソン、また中4日で登板です。 何のため?絶対勝つため。 ジョンソン、だったらボールの判定にイライラするな。 といっても、まぁいつものことか。 4回表、2アウトから鈴木誠也がレフトへホームラン打って先制したのに。 そ・・・

何もかもダメ

M7で優勝まっしぐらの東京読売ジャイアンツ。 まだまだ日本一の可能性が残っている広島カープ。 でも、本当に日本一を狙っているのか? 思えば、カープもここ3年間はマジック出てからはイケイケドンドンだったように思います。 こ・・・

堂林翔太、サヨナラ打

堂林翔太、試合前まで今シーズンたったの2安打(23打数)、打率は1割にも届いてないたったの8分7厘。 春先には、今年こそ、今年こそ、を繰り返してきた選手、堂林翔太。 もうとっくに忘れられた(?)選手が、サヨナラヒットです・・・

あと1点取っとけば

中5日で登板する先発陣。 床田寛樹、ランナーを出しながらも粘投で頑張っていました。 5回、先頭(平田)に西球、2アウト後、大島にライト前で1失点。 次打者京田にストレートの四球、3番福田にレフト前で1失点。 この回(5回・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ