毎回毎回同じように負けるわがカープよ

先発・大瀬良大地、そろそろか。
と、思ったがダメでした。

4回までは、抑えていました。
カープ打線は、2回表、先頭5番會澤翼が三塁線突破の2塁打、6番小窪哲也が1塁線上のライト前でノーアウト3塁1塁。
7番高橋大樹はピッチャーゴロ、會澤翼が三本間に挟まれ1アウト3塁2塁。
8番田中広輔、なんで田中広輔スタメン何かなぁ、全然打てる雰囲気ゼロですよ、今は、がレフト犠牲フライで1点先制します。

1アウト献上の1点、これだから勝てないのです。
ヒットを打って、四球を選んで、またヒット打って繋げて勝つのがカープでした。(懐かしいのぅ)
田中広輔「打ったのはツーシーム。チャンスで最低限の仕事ができました」だって。
アホか、次は大瀬良大地です。
「何が何でも、ヒットを打って繋げなくてはいけなかったですね」というのがこの状況でのコメントですよ。

今の状況がわかってないのがもう一人います。
大瀬良大地です。
5回表、2アウトランナーなしでの打席です。
打者並に粘ります、10球くらい粘って四球で出塁します。

何でここは、3球三振して、次のピッチングに備えないんですかねぇ。
今のカープ打線は点を取れないのですよ。
何が何でも2回に先制した1点を守る。
俺が、カープのエースだ。
絶体に点を与えない!!!。

これくらいの気持ちになれないのですかねぇ。
ベンチもベンチです。
「大瀬良、三振してこい。」と、言えなかったのですかねぇ。

余計な労力を使ったおかげで、直後(5回裏)に先頭5番マルテに同点ホームランを打たれます。
何やっとんじゃぁ、ですね。

これで負けると思いましたよ、わたしは。

6回裏も、先頭1番近本に1塁線セーフティバンドを決められ、次に送りバンドをメヒアを譲り合ったのかノーアウト2塁1塁にします。
メヒア、ドケドケ、俺がアウトにしてやる、と積極的守備をしろよ・・・
次の糸井に左中間2点タイムリーです。

あぁあ、負けるべきして負けた試合でした。

逆転のカープといわれた面影全くないですね。
序盤に、犠牲フライトか、内野ゴロの間に1点とか、押し出しの四球とかで最少得点。
終盤は、見ていられない三者凡退の繰り返し。

さてさて、貯金もゼロ。

さぁ、緒方孝市監督の口癖「あしたも切り替えていきます」
ではどうする?
もう勝つ意識は捨てろ!練習試合と思って気楽に打席に立ちなさい。
で、行きましょう。
スタメンもドンドン変えていきましょう。
数打ちゃ、いつかは当たりますよ。

2019年 7月5日(金)18:00~ 阪神 3-1 広島 (甲子園)
対戦成績7勝6敗、通算成績38勝38敗3分(2位、首位Gから7.0ゲーム差)

大瀬良大地 6回25打者104球6安打2三振3四球3失点、6勝6敗
菊池保則 1回3打者6球1安打0失点
レグナルト 1回4打者14球1安打1三振0失点

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ