「2018年6月」の記事一覧(2 / 3ページ)

またまたホームラン病

ホームランで負けました。 ホームラン打たれ病ですね。 前カードのオリックス戦からです。 感染したのか、連鎖反応か、今カープで一番頼りになる、大瀬良大地にまで移りました。 まぁ、いつまでも勝てるわけではないが、あぁーーあ!・・・

オリックスに3連敗

オリックスには、9連勝とカモにしていたのに、3連敗ですよ。 この3連戦、1-4、5-12、2-8と、打ち負けてますね。 というか、いいところでホームランを打たれて負けた、という印象が強いです、わたしは。 この試合、今日こ・・・

ホームラン、打たれすぎ

あぁーーあ、オリックスにも負け越しですよ。 9連勝のツケかな? 初回、鈴木誠也の3ランで先制。 おーー、今日は勝てるぞ。 2回裏、岡田明丈、T-岡田に3ラン打たれ同点にされます。 4回表、會澤翼がレフト前、西川龍馬は四球・・・

打線、さっぱり

ここまで7勝挙げているオリックス先発アルバースに対して、カープ打線はサッパリ打てませんでしたね。 アルバースは、見るからに打ちにくそうな投球フォームでした。 グラブを持ち上げたらすぐ投げる。 これじゃタイミングも取りにく・・・

西川龍馬、一発で決めた

カープ九里亜蓮、楽天美馬、ランナーを出しながら得点を与えず、6回まで0行進でした。 美馬は、ヒット4本での出塁、一方九里亜蓮といえば、四球での出塁でした。 初回は先頭打者に、2回は1アウトから、3回は2アウトから、4回は・・・

投手戦を制す

カープ、久しぶりのジョンソン(出産立ち会いのため帰国していた)、東北楽天はエース則本、息づまる投手戦でした。 則本、ほぼ完璧、6回終了まで3安打。 ジョンソン、毎回ランナー(4回だけ3者凡退)を出すけど、キッチリ抑えまし・・・

投打かみ合って勝利

最下位の東北楽天相手には勝って当然でしょう。 大瀬良大地が投げる時は、安心な一日になりますね。 初回、先頭茂木にライト前に打たれ、おいおい、と思いましたが、1アウト3塁1塁になっても、ピチャリ。 2回以降は、3回に1安打・・・

中村祐太、ボロボロ

中村祐太、3連勝のあと3連敗、どうもよくない。 胸に期するものあっての登板だろうと推測しました。 が、立ち上がりから四球、おいおい、昨日の岡田明丈もそうでした、どうなるんだろうと思いましたが、0点に抑えます。 2回は、下・・・

逆転サヨナラ勝ち

いやぁーー、いやいやいやいや、おどろきです。 野間峻祥が、9回裏、1アウト3塁、2塁からセンター前に逆転サヨナラ2点タイムリーですよ。 ビックリしたな、もぅ。(←古っ!) 野間峻祥、今年は急変、3割5分も打っているけど、・・・

交流戦、2カード連続負け越し

九里亜蓮、前回登板と同じようになりました。 カープ打撃陣は、初回に丸佳浩、鈴木誠也、松山竜平の3連打で2点先制。(その裏、2失点で同点にされましたが) 4回には1点、5回には2点と5回終了時点で5-3とリードです。 九里・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ