日本シリーズ、初戦は引き分け

先発は大瀬良大地、相手福岡ソフトバンクホークスは千賀。
投手戦になりそうな雰囲気。

初回、カープは、2番菊地涼介のレフトスタンドへのソロホームランで先制しました。
続く丸佳浩が四球、鈴木誠也がライト前に、5番松山竜平がライト前へ放ち、2点目です。
初回に2点、幸先よいスタートです。

大瀬良大地も、3回まで三者凡退、4回は四球ひとつ。
シーズン中と同じように安心して見ていられました。

カープは、2回以降千賀を打てません。

5回表、先頭5番中村晃にライト前に打たれます。
大瀬良大地、初ヒットを許しました。
続く内川にもセンター前に打たれ、ノーアウト3塁1塁です。
続く、西田、甲斐ともサードゴロ、ピッチャーゴロに打ち取り、三本間に挟みヤレヤレでした。(2アウト3塁2塁)
ここでピッチャー千賀の代打は太った貫禄充分のデスパイネが出てきます。(勝負所です)
デスパイネはセカンドベース寄りのセカンドゴロ、菊池涼介なんなく捕り、ファーストへ2バウンドで送球します。
よし、これでOKと思ったが、松山竜平がトンネル(?)、ボールは、後ろへコロコロ。
2点が相手に入りました。(同点です)

その後は、両チーム、繰り出すピッチャーが好投し、点を取ることが出来ません。

カープは、ランナー3塁1塁を活かせませんでした。

1回、松山竜平のタイムリーのあと、6番野間峻祥が空振り三振で2アウト3塁2塁、7番會澤翼が空振り三振。(これで、千賀が持ち直したことになったようです)

5回裏、代わった武田から、先頭8番安部友裕がセンター前、大瀬良大地の代打曽根海成が送りバント、1番田中広輔のセカンドゴロは間一髪アウト、菊池涼介四球で2アウト3塁1塁、3番丸佳浩はセカンドフライで得点ならず。

6回裏、1アウトから、5回にエラーした松山竜平が右中間2塁打、続く野間峻祥がレフト前で、1アウト3塁1塁、しかし會澤翼がファーストフライ、安部友裕が空振り三振で得点ならず。

このチャンスに得点できなかったのが痛かったですね。

また、延長11回、先頭鈴木誠也がセンター前ヒット、ここでなぜか松山竜平にバントさせます。(もちろんうまくいかないですね)
あげく、ピッチャーゴロゲッツーです。
野間峻祥がエラーで出塁するが、盗塁アウト。
チグハグさが出て、こりゃ流れが切れる、負け濃厚と思いましたよ、わたしは。

9回裏にも、2アウトからですが、代打メヒアが四球、代走上本崇司が盗塁失敗しています。
まぁ、走るタイミングも悪かったと思いましが、足のスペシャリストの盗塁失敗、こんなことやっていたらダメですね、流れ的にも。

最終回となる12回表、もうピッチャーいなくて中田廉が登板です。
先頭途中から代わっている8番高谷に四球(おいおいーー)、送りバントで1アウト2塁、1番上林をサードファールフライに取ったが、途中から代わっている2番川島に四球、なんとなく打ちそうな3番グラシアルをなんとかセンターフライにとって、負けがなくなりました。

前(11回)イニングに流れが止まったカープは、12回裏、サヨナラの力はありませんでした。
1アウトから安部友裕が四球を選びましたが、代打新井貴浩ピッチャーゴロ、田中広輔空振り三振でゲームセット、引き分けに終わりました。

カープの日本シリーズ初戦引き分けは、これで3度目です。
過去は、
初優勝した1975年(昭和50年)古葉竹識監督でした。
この時は、初優勝で広島中が大喜び、日本シリーズなんてどうでもよい(?)というか、眼中にないというか、優勝ということで舞っていました。
結果、阪急ブレーブス(懐かしいチーム名です)に1勝もできず、2引き分け4敗でした。

1986年(昭和61年)、阿南準郎監督でした、相手は西武ライオンズ。
初戦引き分けのあと、カープは、3連勝しました。
5戦目、ピッチャー工藤公康(今ソフトバンク監督)に延長戦で打たれて負けました。(わたしの記憶ですので間違っているかも)
これで流れが変わって、カープは4連敗しました。
初めて第8戦までやった日本シリーズでした、これもわたしの記憶ですが。
8戦目、秋山幸二外野手が、ホームランを打って、バク転でホームベースを踏んだのを覚えています。

さて、今日で3度目、どうなることやら。
明日は、勝って福岡に乗り込みたいですね。
普段どうりの采配をやろうよ、ただし、早め早めは心がけて。

2018年 10月27日(土)18:30~ 広島 2-2 福岡ソフトバンク 延長12回 (マツダスタジアム、広島1分)

大瀬良大地(5回、19打者92球3安打7三振1四球2失点1自責点)→岡田明丈(1回5打者1安打1死球0失点)→一岡竜司(1回3打者2三振0失点)→フランスア(2回7打者1安打3三振0失点)→中崎翔太(1回3打者2三振0失点)→ジャクソン(2/3回4打者1安打1四球0失点)→ヘルウェグ(1/3回2打者1死球0失点)→中田廉(1回5打者2四球0失点)
ホームラン:菊池涼介1号(1回=先制ソロ)


岡田明丈、ヒット、死球で危なかったが、抑えました。
一岡竜司、フランスア、安定しています。
中崎翔太、先頭打者取ってよかった。
ジャクソン、2アウトで代えてよかった。続投なら失点してたかも、わたしの予感。
ヘルウェグ、いきなり死球だが抑えました。
中田廉、先頭四球、あぶないあぶない、がなんとか

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ