プレイオフ初戦はいつもどおりの勝ち方

クライマックスシリーズ、初戦に勝ちました。

相手ジャイアンツは、東京ヤクルト相手に連勝し、波に乗ってくると思っていましたけど、何ということはない、カープのいつもの勝ち方でジャイアンツを破りました。

エースが好投し、主軸が打つ、リリーフがしっかり締める。
勝つパターンそのものでした。

先発大瀬良大地、危なげなく安定した投球でした。
安心ピッチャーですね、大瀬良大地。

まぁ、ピンチといえば、6回表でした。(カープ、4-0でリードでしたが)

ここまで、カープは、初回、相手先発メルセデスから、先頭田中広輔が四球、菊池涼介のセンターへのヒットで、3塁まで進みます。

丸佳浩のセカンドゴロで先制点です。

4回裏には、この回先頭の丸佳浩がセンターの左へヒット。
4番鈴木誠也が、初球を叩くと打球はレフトスタンをへ、2ランです。
ここで終わることなく、5番松山竜平が三遊間レフト前。
6番野間峻祥のショートゴロで松山竜平は2塁アウト、7番會澤翼が左中間へ打ちます。

1塁ランナーの野間峻祥、走る走る走る、一気にホームインです。
これが大きかったですね、3点と4点じゃ違いますよ。
野間峻祥の特徴が出た走塁でした。

6回表、ジャイアンツは9番代打辻です。←誰?
こしゃくにもセンター前にヒットです。

カープ戦によく打つ坂本、ですがライトフライに打ち取ります。
2番田中広輔の弟、ここは取れよ!と思ったが、こしゃくにもレフト前に、3番マギーにもレフト前に打たれ1点献上です。
まぁ、ここまではいいと思いますが、5番陽に四球で、2アウト満塁です。

ここで打たれると、3点リードがパーになるか可能性があります。
大瀬良大地、ここは踏ん張り長野をセカンドフライに打ち取ります。

4回裏のカープの攻撃で、野間峻祥の好走塁で、カープは1点余計に取りました。
この6回表は、大瀬良大地が、1失点と最少得点に抑え、追加点を許しませんでした。

ここが、勝負のアヤでしたね。

その後カープは、
7回裏に丸佳浩がライトへソロホームラン。
8回裏には、先頭野間峻祥が3塁線を破る3塁打、8番安部友裕のライト前でダメ押し。

7回から、一岡竜司、フランスア、中崎翔太が締めて、カープは初戦とものにし2勝目ということになります。
まずは、よしよしということですね。

2018年 10月17日(水)18:00~ 広島 6-1 東京読売 (マツダスタジアム、広島2勝、アドバンテージ1勝を含む)

大瀬良大地(6回、24打者92球5安打4三振3四球1失点、1勝)→一岡竜司(1回3打者1三振0失点)→フランスア(1回3打者1三振0失点)→中崎翔太(1回3打者0失点)
ホームラン:鈴木誠也1号(4回=2ラン)、丸佳浩(7回=ソロ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ