横浜DeNAに負け越し

横浜DeNAにだけは、勝ち越しておかないと今後を考えるとと不安になりますね。
本当は、現在不調の横浜DeNAにガツンと3連勝、悪くても勝ち越しと思っていましたが、なんと・・・・

この試合は、筒香にやられました。
不調の今のうちに抑えておかないと・・・・
乗らしたらダメでしょう。

初顔に弱いカープ、京山に手こずっていました。
4回、5回の先制のチャンスをものにできなかった。
6回、7回に追い付けなかったというのが敗因でしょうかねぇ。

4回は、先頭丸佳浩がレフト前、が、次打者松山竜平がセカンドゴロゲッツー。
5回は、先頭安部友裕がライトフェンス直撃の2塁打、が、堂林翔太が送ったあと、磯村嘉孝がセカンドライナーゲッツー。
これでケチが付きました。

筒香に2ランを打たれた直後の6回裏、2アウト2塁、1塁から松山竜平のいい当たりだったがライトフライ。
筒香に3ランを打たれた直後の7回裏、四球、ライト前、堂林翔太のライトフェンス直撃の2点3塁打で追い上げかと思ったが、代打西川龍馬が空振り三振、エルドレッドは見逃し三振、田中広輔は四球で出塁したが、菊地涼介がレフトフライでチェンジ。
どうもうまくいかない。
横浜DeNAの呪いにかかったようです。

でもやっぱり、大瀬良大地が2ラン、九里亜蓮が3ラン、筒香に打たれたことがすべてでしょうか。

それにしても、横浜DeNAは新顔が活躍していますね。
一番バッター神里、今日登板した京山。

カープといえば、ヤクルト戦に先発した2年目高橋昂也、今日も昨日も登板したやはり2年目アドゥワ誠。
どうも今のところパリっとしないですね。
まぁ、今後を期待しましょうかね。

2018年 4月8日(日)13:30~ 広島 3-5 横浜DeNA (マツダスタジアム、広島1勝2敗)

大瀬良大地(5回2/3、99球4安打5三振5四球2失点=筒香に2ラン、1勝1敗)→中田廉(1/3回一三振0失点)→九里亜蓮(1回4安打3失点=筒香に3ラン)→一岡竜司(1回1三振完璧)→アドゥワ誠(1回3安打0失点)
ホームラン:丸佳浩4号(8回=ソロ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ