4点くらいは逆転可能

1週間前と同じ対決でした、この時は場所がマツダスタジアムでしたが。
先発も、大瀬良大地と高橋遥。

今日は、先制点は阪神でした。
大瀬良大地、1週間前は完封勝利でしたが・・・・。

大瀬良大地の悪い時、どこかのイニングで、連打、四球で大量失点がある時があります。

今日は、2回でした。
先頭5番マルテにレフト前、6番原口のあたりは一塁バティスタの後ろのライン上にポテンでノーアウト3塁1塁。
7番高山の当たりはレフト左へのタイムリー2塁打、先制されました。
8番北條のあたりは、ボテボテのサードゴロでノーアウト満塁。
9番高橋はショートゴロでホームアウト。
1番近本はセンター犠牲フライで2点目、更に四球、3番糸井のライト前2点タイムリー、何点取られるんだろうと思ったが、糸井が盗塁アウトでチェンジ。

不運なあたりもあったが、この回4失点です。
おまけに、今日の高橋遙は、内角にズバッと決まる球が多く、3回終了まで、ノーヒットピッチング。

しかし、好調カープ。
一回りすれば打ってきます。
先頭1番西川龍馬がライト前、2番菊池涼介がレフト前、3番バティスタがレフト前タイムリーで1点返します。
4番鈴木誠也はサードゴロで2塁フォースアウトで1アウト3塁1塁。

ここで、昨日のようにダブルスチールを敢行します。
これが決まり菊池涼介がホームイン、2点目が入ります。

5番本調子でない松山竜平は空振り三振に倒れますが、6番會澤翼がセンター前で2アウト3塁1塁。
ここで7番メヒア、前打席は見逃し三振だったのでどうなのかと思ったが、右方向に振り抜いた打球は、ポール際スタンドにインしました、3ランです。
これで5点が入り1イニングで逆転しました。

大瀬良大地、これで気をよくしたのか、逆転直後の4回裏から3イニング連続3者凡退に仕留めました。

1点リードでフランスアだと危ない、もう1点欲しいと思っていましたが、8回、四球、パスボールから鈴木誠也のセンター前タイムリーで1点追加(これで安心だ)。

しかし、8回裏、今村猛が1失点(おいおい)。
が、なんと9回表、カープは相手エラーもあり、途中出場の安部友裕が2点タイムリー、會澤翼も右中間2点三塁打、代走から守備に入っていた田中広輔がライト犠牲フライでこの回5点も入りました。

これで、最後は中村恭平がなんなく抑えゲームセットです。
カード初戦を取りました。
相手が阪神ですので、3タテといきたいところですね。

2019年 8月9日(金)18:00~ 阪神 5-11 広島 (京セラドーム大阪)
対戦成績10勝9敗、通算成績55勝48敗3分(3位、首位Gから1.5ゲーム差)

大瀬良大地 6回24打者112球6安打3三振2四球4失点、9勝6敗
菊池保則 1回4打者11球1四球0失点
今村猛 1回5打者21球2安打2三振1失点
中村恭平 1回4打者15球1三振1四球0失点
ホームラン:メヒア4号(4回=3ラン)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ