3タテのはずが

今日は、勝てると思っていたのに・・・・・
連夜の逆転負け、あぁーーーーーあ。

2回は、先頭4番鈴木誠也のライト前、5番松山竜平四球、6番會澤翼のセンター前タイムリーで先制。
3回は、1アウトから2番菊池涼介の3塁線突破の2塁打、バティスタ見逃しに三振後、鈴木誠也のセンター前で勝越し。

5回には、先頭1番西川龍馬に当たりは、ショートとレフトの間にポトリの2塁打、菊池涼介が送り、バティスタはセンターフライに倒れましたが、鈴木誠也が四球で2アウト3塁1塁。

松山竜平がライト前で1点、會澤翼も続いてライト前でもう1点追加、ワイルドピッチと悪送球でおまけの追加点。
この回3点で5-1です。(5回終了時点)

先発九里亜蓮も、ランナーを出しながらまずまずの好投。

流れが変わる予兆は、6回裏、1アウト後マルテ、リテーラに連続四球、ショート内野安打で1アウト満塁、ここでカープ戦によく打つ梅野にライト前で1失点します。

九里亜蓮はここで降板、好調中村恭平に代わります。
中村恭平、後続を連続三振に打ち取り1失点に抑えました。

よしよし、これなら勝てると思いました、この時点では。

7回は、最近好投している菊池保則、簡単に3者凡退に取ります。
ますます、OK、OKでした、この時点では。

しかし、8回に思わぬ落とし穴がありました。

この回から登板した今村猛が、先頭マルテから3連打されます。
3連打目の大山はセンターオーバーの2点2塁打、5-4で1点差になります。
7番梅野は送りバントで、1アウト3塁。

ここでピッチャーはフランソア。
昨日の悪夢が蘇ります・・・・

フランスアにとって先頭の途中出場の糸原、センター前に打ちますが、このバウンドをなんと、途中から守備に入っていた野間峻祥の頭上を越えて転々と・・・これで同点、打者走者糸原は3塁へ(1アウト3塁)。
次打者途中から入っている陽川がショートゴロ、バックホームしたがセーフ。
逆転されました。

もう無茶苦茶でござりますがな。

フランスア、どうも自身にとって先頭打者に打たれますね。
このところ連続です。
でも、失点は1です。

フランスを出す時は、3点以上のリードが必要なのかな。
8回、9回を再考する必要がありますね。
あるいは、7回終了時点で3点以上のリードが必要ってことか。

2019年 8月11日(日)18:00~ 阪神 6-5 広島 (京セラドーム大阪)
対戦成績10勝11敗、通算成績55勝50敗3分(3位、首位Gから3.5ゲーム差)

九里亜蓮 5回1/3、25打者105球7安打1三振2四球2失点
中村恭平 2/3回2打者11球2三振0失点
菊池保則 1回3打者7球0失点
今村猛 1/3回4打者7球3安打3失点
フランスア 2/3回4打者16球1安打1三振1失点、6勝5敗6s

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



2 Responses to “3タテのはずが”

  1. 札幌の鯉 より:

    もう何も言いたくない気分の3連敗

    フランソアのサヨナラ3ラン。
    自分はテニスをします。チャンスボールのボレーをミスすることは
    だれにもあります。(頻度が問題)でも、昨日100%決めないといけないボレーをネットした。この時、フランソア=抑えの切り札でも
    そういう時はあると、妙に納得した。
    それより、今村、調子がいいか悪いか、その判断はコーチと監督しかできない。ファンにとっては、あんなピッチャーどうして使うの?と言いたくなる。

    • ckn より:

      3タテ出来たのに逆転負け2連敗。
      カープのリリーフ陣は、先頭打者を出しすぎる。
      そうすると、3点以上リードが必要。
      この辺りをどうするか。
      キチンと1イニング抑えるピッチャーが欲しい。
      今は、?????か

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ