負けるかと思った

ジョンソン、中4日で大丈夫かと心配していましたが、心配するほどでもなかったですね。

ランナーを出しましたが、(3者凡退はレフト長野久義の美技があった3回だけ、先頭ランナーを出したのは6回だけ)、キチンと6回を無失点で抑えました。
もうさすがというべき安心ピッチャーですね。

打線は、相手先発岩貞に対し、序盤は突破口を作れません。
いいところにボールが決まっていたように思います。

3回裏、8番石原慶幸がレフト前(どうした石原慶幸、前回ジョンソン登板の時はホームランの打っていますが)、ジョンソンのバントは3塁ゴロゲッツー、これで終わりかと思いましたが、西川龍馬がセンター前、菊池涼介がサードゴロ悪送球(記録はヒット)、鈴木誠也四球2アウト満塁になりました。

2アウトのチャンスや2アウト満塁で得点が入らないカープです。
左ピッチャー用のスタメン4番長野久義に期待がかかります。
その長野久義、三遊間突破レフト前ヒットで、西川、菊池が返り2点先制です。

チャンスを潰したが、点が入る時は入るもんですね。
5回は、交代したドリスから、先頭菊池涼介がレフト前ヒット、盗塁し2アウト2塁、ここで松山竜平が粘ってライト前へタイムリーで1点追加。
3点あれば大丈夫かな。

8回表、ピッチャーは中村恭平に代わります。
1アウトから近本のショートゴロを今日スタメン三好匠が落としエラーです。
2アウトになりますが、4番マルテにボールにしようとした高めのクソボールをレフトオーバーの2塁打にし1点が入ります。
この回から守備についていた野間峻祥、フラフラを追いかけていたような、キチンをまっすぐ追いかけてくれよ。
2アウト2塁。

ここでピッチャー、フランスアを投入します。
フランスアにとって先頭打者糸原にセンターオーバー2塁打を打たれ1点が入ります。

ありゃまぁ、1点差に詰め寄られましたがな。
僅差になったらエラーが出た方が負け、よくあるパターンかな。
と、思ったが、次打者高山をサードファールフライに取りなんとか1点差のままチェンジです。

このまま9回もフランスアで大丈夫かいな?(今は、フランスアしかいないしなぁ)
しかし、9回のフランスアは、人が変わったようなピッチングをします。
ショートゴロ、空振り三振、見逃し三振に取りゲームセットです。

フランスア、8回から投げさせた方がいいのかな。

まぁ、阪神には負けるわけにはいけないので勝ってよかったというところか。
昨日バカな試合やらなかったらもっと良かったのに。

2019年 9月8日(日)13:30~ 広島 3-2 阪神 (マツダスタジアム)
対戦成績12勝12敗、通算成績66勝63敗3分
3位、首位Gから5.0ゲーム差、2位Deまで1.0差、4位阪神とは3.5ゲーム差

ジョンソン 6回24打者73球4安打1三振3四球0失点、11勝7敗
菊池保則 1回3打者10球1安打0失点
中村恭平 2/3回4打者10球1安打1三振2失点
フランスア 1回1/3、6打者20球1安打2三振1四球0失点、11s

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ