序盤に大量点、楽勝

カープは、相手先発岩田に対して、初回5点、2回に2点、コレで決めました。

初回、1番西川龍馬はセンターフライ。
2番菊池涼介がセンター前、3番バティスタがレフト前、4番鈴木誠也のショートゴロは糸原が弾きレフト前に、タイムリーになりました。
まずは先制点。

5番會澤翼も続いて右中間タームリーで2点目。
そしてトドメは、6番メヒアがレフトへ特大3ランホームランで、初回5点です。

2回は繋げる野球か、1アウト後、西川龍馬のセカンドゴロを悪送球(エラー)、菊池涼介がレフト前、バティスタのピッチャーゴロはピッチャーが弾いてショートゴロ、2アウト3塁1塁になります。

ここから鈴木誠也がレフト前で1点。
続く會澤翼が右中間タイムリーで1点。

ここで決まりました。

先発九里亜蓮は、初回先頭打者(近本)に打たれましたが、後続を打ち取りました。
2回、3回は3者凡退。
4回は先頭にセンター前でしたが、後続を打ち取りました。

5回も、先頭を四球でしたが、2アウトから代打原口に2ランを打たれました。
6回は、先頭(糸井)をライトフェンス2塁打、次打者(大山)をゲッツーに取りますが、四球、四球で2アウト2塁1塁。
が、ここで高山をファーストゴロに打ち取ります。

九里亜蓮、6回を2ラン1本に抑えました。

カープで気になるのは、ここに来て遠藤淳志が打たれることが多くなったことか(失点も増えています)。
今日も7回に投げました。
が、先頭から4連打で、3失点です。
1アウトを取ったところで降板、菊池保則があとを抑えてくれました。

毎日のように投げています。
ちょっと投げすぎじゃないでしょうか。
いくら若いとはいえ、まだまだ経験不足もあります。
投げながら鍛えるということでしょうか。
登板間隔を少し考えてやる必要があるのかな。

カープは、これで5カード連続勝ち越しです。
明後日からは、好調2位の横浜DeNA戦((マツダスタジアム))です。
ここをしっかり戦いましょう。

2019年 8月4日(日)18:00~ 広島 10-5 阪神 (マツダスタジアム)
対戦成績9勝9敗、通算成績52勝47敗3分(3位、首位Gから2.0ゲーム差)

九里亜蓮 6回25打者98球5安打4三振3四球2失点、6勝6敗
遠藤淳志 1/3回5打者17球4安打3失点2自責点
菊池保則 2/3回2打者9球1三振0失点
今村猛 1回4打者27球1四球0失点
フランスア 1回4打者9球1安打1三振0失点
ホームラン:メヒア3号(1回=3ラン)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ