大瀬良大地でも勝てない

大瀬良大地、完投でたった2失点でも勝てないカープ。
交流戦は、このまま負け続けるのかな。

まぁ注目の相手先発吉田輝星を初回にガツンと出来なかったことかな。
1番長野久義が、ラッキー(セカンド取れていただろうに)なライト前ヒット、2番菊池涼介四球、3番バティスタはサードゴロ、4番鈴木誠也は四球で、1アウト満塁。
ここから、大量得点かなと思ったがさにあらず。

5番西川龍馬が、3球三振。
6番DH磯村嘉孝はサードゴロでチェンジ。

ここがすべてでしょうか。

今日は、DHに磯村嘉孝が入りましたが、これまで松山竜平、長野久義、會澤翼、そして磯村嘉孝がDHに入りましたが、18打数0安打ですからね。

今日も最終回、先頭鈴木誠也がライト前、西川龍馬送りバントで1アウト2塁、アナウンサーが得点圏打率が高い(5割以上、だったかな)磯村、磯村と言っていましたが、空振り三振ですからね。

DHだけじゃなく、ここ!という時に打てない。
これが交流戦で目立ちますね、カープは。

吉田は、ほとんど直球ばかりだったで、狙い撃ちできないのか、と思ったが、いわゆる打者の手元で伸びていたような球だったのかな。
打ち崩せなかったですね。

大瀬良大地も、初回、大田にソロホームラン。
2回は、先頭から連打、1アウト満塁になったが、1番西川はファーストゴロ、これをバティスタ、ホームへ投げず(投げられなかった)ファーストへ投げようとしらた誰もいない。
これで1点追加されました。

どうなんでしょうか、取ってすぐに速い球をホームに投げればよかったんじゃないの。
大瀬良大地、失点は、初回、2回の1点づつの2点のみ。
これで勝てないということは、打線が打てなかったということじゃないの。

吉田輝星は、まぁしょうがない(甲子園準優勝投手だけあるとして)として、6回から登板した日本ハムのリリーフ陣に対してさっぱりだったことですね。
井口、公文、ロドリゲス、石川直という知らないピッチャー(わたしが)に対して、9回先頭鈴木誠也がライト前に打った1本だけですからね。

何やってんだ!!と、言いたいですね。
このままじゃ、交流戦のどこかで首位陥落じゃないかな。

2019年 6月12日(水)18:00~ 北海道日本ハム 2-1 広島 (札幌ドーム)
対戦成績2敗、通算成績35勝26敗1分(首位、2位東京読売に1.5ゲーム差)

大瀬良大地 8回32打者113球8安打8三振2四球2失点、6勝3敗

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ