勝てないカープ

新星・山口翔でも勝てない。
山口翔、2回裏、先頭田中賢介を四球、次打者渡辺にライト前、8番横尾にライト犠牲フライでの1失点のみ。

山口翔、きちんと自己修正しました。
頼もしい限りです。
解説の岩本勉さんも絶賛していました。

カープ打線、重症ですね、さっぱり打てません。
今日1番DH長野久義が、初回、ライトポール際のフェンス直撃の3塁打。
交流戦、カープのDHで初めてのヒットです。

2番菊池涼介がセンター前で先制点を挙げました。
大量点が見込まれましたが、後続が続きません。

その後も、日本ハムの出てくるピッチャーをさっぱり打てません。
カープ打線、交流戦打率1割9分8厘です。

これじゃぁ、田中広輔と同じです。
たまにしか、ヒットが出ない。
時々、いい当たりが出ても、相手守備のファインプレーで続かない。
田中広輔の打撃と同じパターンです。

ピッチャーが代わったらよく打つカープ。
延長10回に出てきた公文に対して、
先頭8番小窪哲也が、左中間センター前の2塁打。
9番田中広輔の送りバンドを公文がハンブル、悪送球。
盗塁して、ノーアウト3塁2塁。

1番長野久義は申告敬遠でノーアウト満塁。
ここから、得点圏打率1位の菊池涼介、バティスタ、鈴木誠也、西川龍馬とクリーンアップに続きます。
ここで、大量点を取って、楽に勝ちを取りたいところです。

ここで相手ピッチャー玉井に交代です。
ピッチャーが代わったらよく打つカープ。
しかし、しかし、さっぱり打てない、カープ打線はやっぱり打てません。

菊池涼介はサードゴロ、ホームアウト。
続く悪球打ちが目立つバティスタもサードゴロ、ホームアウト。
鈴木誠也は、なんとか四球を選び押し出しで1点。
西川龍馬はレフトフライで、この回押し出しの1点のみ。
情けないったらありゃしない。

こんなんだから、その裏、フランスアが先頭1番西川にライトオーバーの2塁打、3番王にもレフトオーバーのタイムリー2塁打、同点です。

カープは、何をやっても、勝てません。

4月、どん底から、5月大躍進。
6月、どん底から、7月大躍進を期待しましょう。
今が、我慢のしどころと思うようにしますかね。

2019年 6月13日(木)18:00~ 北海道日本ハム 2-2 広島 延長12回 (札幌ドーム)
対戦成績2敗1分、通算成績35勝26敗2分(首位、2位東京読売に1.0ゲーム差)

山口翔 5回20打者78球2安打4三振3四球1失点
中村恭平 1回3打者10球1三振0失点
一岡竜司 1回3打者8球1三振0失点
レグナルト 2回10打者23球2安打2三振2四球0失点
フランスア 2回9打者35球2安打3三振1四球1失点
中崎翔太 1回5打者13球1安打1四球0失点

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



2 Responses to “勝てないカープ”

  1. 札幌の鯉 より:

    ドームで見てました。
    ただ応援できただけで嬉しいが、
    見たこと自体は消化不良そのもの。
    帰りもファン同士、情けない気持ちで一杯という
    感じ。

    • ckn より:

      せっかく観戦に行ったのにねぇ・・・・・
      お気持ち、お察しします。
      見に行った時くらい、スカぁァーーーーと、気持ちよく勝ちたいですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ