勝った、超久しぶり

勝ちましたよ、今日は。
後半戦白星スタートです。

前に勝ったのが、交流戦の6月25日(火)の仙台での東北楽天戦以来ですからね。
長かったですね、勝ーーーち、勝ーーーち、勝っち、勝ちは。

この時は、九里亜蓮の完封勝利でした。
今日も九里亜蓮の好投でなんとか勝ちました。

これで、「過去の負」が断ち切れればいいのだが。

序盤でしか点の取れないカープ。
相手先発井納に対して、
初回、1番西川龍馬がセンター前、2番菊池涼介が三塁線突破の2塁打、3番バティスタが四球(バティスタ外角低めを空振りせずに見逃すようになりました)でノーアウト満塁です。

連敗中のカープならここで点が入りませんでした。

しかし今日は、4番鈴木誠也がレフト左に2点2塁打です。
4番の仕事で先制点です。
続く5番松山竜平がライト前で追加点。
6番會澤翼のショートゴロゲッツーの間に鈴木誠也が帰り1点。

バティスタの四球を挟み、4連打、内野ゴロで4点です。
強い時のカープみたいでした。

3回には、5番松山竜平のライトライン際の2塁打、6番會澤翼がライト前タイムリー、続く7番安部友裕もライト前でこの回2点。
3回を終わって、6点です。
強い時のカープなら、これで安心だぁ—、ですが連敗しているカープ、不安ばかりが頭をよぎります。

2巡目に打たれる、九里亜蓮。
やっぱりなぁです。

直後の3回裏、1アウトから8番大和、代打石川に連打。
1番神里高いピッチャーゴロかと思ったが九里亜蓮、これを弾いて1アウト満塁です。
今日2番に入っている筒香に押し出しの四球、3番ソトにレフトへ2点タイムリーで3失点。
更にピンチが続きましたが、5番佐野をセカンドゴロゲッツーに取り、3失点で終わりました。

3点差に詰め寄られました。
安心できませんねぇ。

しかし九里亜蓮、立ち直ったのか4、5、6回を無失点で切り抜けました。
7回は今村猛、8回はレグナルトが抑えます。

今のカープ、3点差は危ない、追加点が欲しいところですが、相手リリーフ陣に対して打てません、点が取れません。
このままでは、最後逆転されるのでは・・・・・・心配が増します。

9回表、2アウト満塁から代走で出ていた曽根海成がなんとなんとレフト前ポテンで2点追加です。
5点差です。

これなら大丈夫だろうと一安心。

しかし、9回裏のフランスア、先頭嶺井に四球、代打細川←誰?にライトスタンドの2ランを打たれました。
いやぁーーーー、9回表に2点入っていてよかった。
もし、これがなかったら、サヨナラ負けだったかも・・・・・連敗中の悪夢が頭をよぎります。

しかしフランスア、後続を打ち取り(2アウトから筒香に四球、???と思いましたが)ゲームセット。
勝ちましたよ、勝ちました。

これで、長い長いトンネルを抜けました。
これからは、明るい道を突っ走って欲しいですね。

2019年 7月15日(月・祝)17:00~ 横浜 5-8 広島 (横浜スタジアム)
対戦成績7勝5敗1分、通算成績39勝43敗3分(4位、首位Gから11.0ゲーム差)

九里亜蓮 6回25打者107球6安打4三振2四球3失点、4勝5敗
今村猛 1回3打者13球1安打0失点
レグナルト 1回5打者16球1三振1四球1死球0失点
フランスア 1回6打者34球1安打(2ラン)2三振2四球2失点

※田中広輔
もういい加減下(2軍)で調整させたらいかがかな。
打席で打てる雰囲気全くないです。
せっかく今日勝って、多少明るさがありますが、田中広輔の打席での雰囲気は全体の士気に影響しますよ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ