何をやっても負ける

最下位東京ヤクルトに連敗です。
最下位に2連敗、カープが一番弱いチームということですね。

月は変わり、7月は快進撃月間と期待していたのに・・・・・

負ける時は、何をやっても負けますね。
初登板で張り切っていたローレンスも、初回の1失点だけに抑えていましたが、5回、思わぬことで大量失点になりました。

5回表、先頭7番中村がライト前、2アウト2塁になって、バッターは1番山田哲、ボール3になったところで申告敬遠、続いて2番吉田にストレートの四球で2アウト満塁、3番青木にもストレートの四球で押し出し。

解説の金石昭人さん、山田哲のボール3になったところの申告敬遠なんてするんじゃない、これでリズムが壊れて連続四球になったんじゃ、そのまま投げさせていればいいんじゃ、なんて解説していました。
ピッチャー(金石昭人)からするとそうなんですかね。

ストライクが入らないんだから、どうしても甘いところに入ります。
4番村上にライトへ満塁ホームランですからね、まるで悪夢でしょうよ、ローレンスもベンチも。

打線もなにやってるんですかねぇ。
初回、1番にしたレフト板倉将吾がライトへヒットで出塁します。
しかし、2番菊池涼介、3番西川龍馬、4番鈴木誠也が凡退で無得点。
その前(初回表)のヤクルトは、山田哲がヒット出塁、4番村上がタイムリーで先制の1点です。
きちんと野球やっていますね。

この差ですかね、チーム力というのは、

5回表、5点入れられた後のカープ。
5回裏、先頭7番會澤翼が四球を選び出塁、この回で、4回目の先頭打者出塁ですよ。
8番田中広輔がライト前で、ノーアウト3塁2塁。
9番代打松山竜平がセンター犠牲フライで、1点返します。
1番板倉将吾はファーストゴロで1点、2点返しましたが、犠牲フライと内野ゴロの間の2点です。
アウト2つ2点ですからね。

強い時のカープだったら・・・・・・
言ってもしょうがないか。

5回も先頭打者を出したのに、5回裏のアウト2つ献上しての2点だけ。
これじゃぁ、勝て!という方がおかしいですよね。

明日も切り替えてやるだけです、という口癖を言っているだろう緒方孝市監督。
田中広輔、菊池涼介、西川龍馬、鈴木誠也を2軍で調整させますか?????。

田中広輔は2軍で調整させる方がよいと思いますが、ほんとうに。

2019年 7月3日(水)18:00~ 広島 2-6 東京ヤクルト (マツダスタジアム)
対戦成績6勝7敗、通算成績38勝36敗3分(2位、首位Gから5.0ゲーム差)

ローレンス 5回23打者78球4安打3三振4四球6失点、1敗
塹江敦哉 2回11打者50球3安打3三振2四球0失点
菊池保則 1回4打者16球1三振1四球0失点
今村猛 1回3打者16球2三振0失点

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ