フランスア、ひとりで何やってるの

大瀬良大地、五回投げて6安打だが、3四球2死球です。
初回は、1アウトから、四球、サードゴロ、四球、死球、ここは0点に抑えました。
そして2回は、先頭7番中村にレフトへソロホームラン、その後ヒット2本だが1失点だけです。
3回も、1アウトからレフトへヒット、三振、死球でしたが0失点。
4回になって初めて3者凡退。

5回は、2アウトから5番雄平に二遊間内野安打、ワイルドピッチもあり、6番村上にライトへタイムリーで1失点。
どうも大瀬良大地、ピリッとしません。

大瀬良大地、前回に続いて中5日での登板。
これがよくないのでしょうか。
調整の仕方がヘタなのでしょうか。
中5日はもう辞めた方がいいのかな。

打線は、苦手ライアン小川君に対して、初回に鈴木誠也、4番松山竜平、今日は5番の長野久義と連打で2点先制。
3回には、鈴木誠也のレフトへのホームランで追加点。
4回には、長野久義、安部友裕の連続ホームランで、2点追加。
5-2で3点リードです。

しかし、6回から登板した島内颯太郎が1アウトから四球、ヒット、2塁打、ヒットで2失点。
負けてる時に出す島内颯太郎を何故ここで出すのかねぁ。
代わった中村恭平が、ホームランバッター村上に3ランホームランを打たれる始末。
この回(5回)、5点を入れられ逆転されます。

島内颯太郎の交代が1テンポ遅いですね、やっぱり。
いや、最初から中村恭平を出せばよかったんだよね。

カープは7回表、なんやかやのゴタゴタで2点入れ同点に追いつきます。

しかし、同点の9回裏、フランスアがひとりでなんやかやゴタゴタして、最後は山田にサヨナラ満塁ホームランです。
フランスアひとりで、相手を喜ばせさせました。

先頭中村に死球、8番奥村がバントしたボールを2塁に送球したがFC、次打者代打上田のピッチャーゴロを三塁に悪送球でノーアウト満塁。
代打荒木、2番青木をアウトにしましたが、最後は山田に・・・・・・・・

フランソアひとり劇場は無事閉幕(?)しました。パチパチ。

2019年 9月4日(水)18:00~ 東京ヤクルト 11x-7 広島 (神宮球場)
対戦成績12勝10敗、通算成績63勝62敗3分
3位、首位Gから6.5ゲーム差、2位Deまで4.0差、4位阪神とは2.5ゲーム差

大瀬良大地 5回26打者108球6安打5三振3四球2死球2失点
島内颯太郎 1/3回5打者19球3安打1四球4失点
中村恭平 1回2/3、6打者25球1安打4三振1失点
菊池保則 1回5打者20球1安打1四球0失点
フランスア 2/3回6打者17球1安打1三振1死球4失点、6勝6敗
ホームラン:鈴木誠也26号(3回=ソロ)、長野久義3号(4回=ソロ)、安部友裕(4回=ソロ)

※ソロホームラン
このところのカープのホームランはソロホームランばかりですね。
昨日も石原慶幸のはソロ。
8月31日の會澤翼は2ランでしたが、それ以前にホームランを打った打者メヒア、菊池涼介、西川龍馬、松山竜平、メヒア、みんなソロホームランです。

この試合に限っても、3人(鈴木誠也、長野久義、安部友裕)ともソロホームランです。
それに引き換え、東京ヤクルトは村上3ラン、山田満塁(中村はソロ)です、3人で8点です。

カープ、ソロホームランが多いということは、ランナーが出てないということですね。
このあたりは、何なんでしょうね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ