サヨナラ勝ち

ジョンソン、東京ヤクルト戦ではまだ勝ち星がありません。
どうなるかと思いましたが、初回から失点です。
1アウトから2番青木にレフト前、3番山田に右中間2塁打で1失点です。

こういうのは何かあるんでしょうね。
相性ですまされないものが。

3回は、1アウトからまた青木にレフト前、4番バレンティンがレフトに特大2ランホームランです。

しかし、直後(3回裏)に先頭8番石原慶幸がめずらしく3塁線突破の2塁打です。
菊池涼介が空振り三振の時、ランナー西川龍馬が走っていて、キャッチャーからの2塁悪送球を誘い、3塁ランナー石原慶幸がホームに返り1得点します。

4回には、先頭4番松山竜平の四球から、メヒア、小園海斗、今日1軍デビューのサンタナの連打で2点。
サンタナ、初打点です。
西川龍馬の時ワイルドピッチもあり、この回3点、4-3と逆転します。

ジョンソン、立ち直ったのか、4回、5回、6回を無難に抑えます。
これで、ジョンソン、勝ち投手の権利を持ったまま降板します。

しかし、しかし、最近のカープ、リリーフ陣が四球を含め打たれます、ランナーを出します。
そして抑えられません。
特に、登板した時の先頭打者を出塁させます(ヒットなり四球で)。
こうなると失点の可能性は高くなります。

7回は菊池保則、先頭中村にレフト前です、が、後続を打ち取ります。

8回、中村恭平、先頭代打荒木に死球です。
そして、山田に2ランホームランです(これで同点です)。

ここですぐにピッチャー交代(緒方孝市にしてはめずらしく早いですね)。
今村猛打出てきます、今村猛も最近は失点が多いですね。
今村猛にとっての先頭バレンティンにセンター前。
そして次打者雄平に右中間2ランホームランです(これで逆転されました)。

9回は、レグナルト。
最近のレグナルト、やはり失点が多くなりました。
先頭広岡は見逃し三振に取りますが、次打者代打大引に四球を出します。
2アウト2塁で青木にレフト前、さらに1失点です(3点リードされます)。
この1点は痛いと思いました。
勝てる要素がなくなりました。

9回裏、相手投手ハフに対して、
先頭西川龍馬が死球、菊池涼介がレフト前(よく繋いでくれました)、鈴木誠也が狙いすましたようにレフトへ同点3ランです。

レグナルトの1失点がなければ、ここでサヨナラ勝ちですが・・・・

一気にサヨナラにしなければ、カープは。
延長になると、負ける可能性高いです。

続く代打小窪哲也は、ショートゴロで1アウト。
小窪哲也も打てる雰囲気ないですね。
野間峻祥、この選手も打てる雰囲気ないですね、が四球で、1アウト1塁。
小園海斗が送り、2アウト2塁。

相手投手、近藤に代わります。
バッターは、途中から出ている三好匠です。

三好匠、なんとなんと、センター前に打ち返します。
サヨナラです。

カープ事情
リリーフ陣は、打たれあるいは四球から失点します。
先頭打者を出せば、最低1失点は覚悟しなければいけません。
ということは、7回、8回、9回で3失点します(可能性ですが)。
従って、6回終了時点で、3点リード以上が必要です。

そうすると、序盤、中盤で打ち勝つ必要があります。
今日一軍デビューしたサンタナのような新戦力。
二軍でこの夏実績を残している長野久義などの選手を上げるべきです。
もっといるかもわかりませんが。

そして打席で打てる雰囲気がまったくない選手は二軍で鍛え直せばいいのです。
こういう選手がベンチにいるだけで士気が下がると思います。
野間峻祥、田中広輔、安部友裕、小窪哲也、磯村嘉孝などなどは。

2019年 8月20日(火)18:00~ 広島 9x - 8 東京ヤクルト (マツダスタジアム)
対戦成績10勝8敗、通算成績58勝54敗3分(3位、首位Gから6.5ゲーム差)

ジョンソン 6回24打者109球6安打8三振1四球3失点
菊池保則 1回3打者10球1安打0失点
中村恭平 1/3回3打者13球1安打1死球2失点
今村猛 2/3回4打者10球2安打1三振2失点
レグナルト 1回6打者24球1安打1三振2四球1失点
ホームラン:鈴木誠也24号(9回=3ラン)

※ジョンソン
東京ヤクルト戦、また結果的に勝てませんでした。
リリーフ陣の託す形になりました。
3イニングを無失点で抑える、今は無理なのでしょうね。
あるいは、ジョンソンの東京ヤクルトに対する何かあるのかな?

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ