カード初戦落とす

カード3連勝の東京読売。
3タテ出来たのに逆転負け連敗のカープ。

チームの勢いがそのまま出ました。

初回がすべてでした。
アドゥワ誠、先頭亀井をセンター前で出します。(カープ戦によく打つ亀井、ここで出したのがすべてです、大袈裟にいえば)
2番坂本はセンターフライで取るが、3番丸、4番岡本に連続四球で、1アウト満塁。
5番阿部を空振り三振に取るが、6番ゲレーロに死球で押し出し、7番若林にレフト前で2失点、8番安全牌小林にもレフト前で初回に4失点です。
四球、四球、死球から連打、この失点パターンが命取りになりました。

こうなると、ちぐはぐな攻撃、リリーフ陣が打たれ逆転負け連敗している今のカープには、4点は重いです。

3回には、当たっているゲレーロに2ランで失点です。(前打者阿部は四球で出しています)

四球がことごとく得点(ホームに返っています)に繋がっています。

それに引き換えカープといえば、
すぐに追いつきそうになるが、勝ち越しまではいきません。

特に、四球がらみで2アウト満塁になったのですが・・・・
5回は、四球3つで2アウト満塁、代打安部友裕がセカンドゴロでチェンジ。
6回は、先頭西川龍馬がライト前で出塁、四球2つで2アウト満塁、ここで會澤翼が、代わった大竹からセカンドゴロでチェンジ。
8回は、1アウトから菊池涼介がサード越えで2塁打、鈴木誠也がレフト前にタイムリー、會澤翼四球で2アウト満塁、しかし、ホームランを期待したメヒアがピッチャーフライでチェンジ。

ジャイアンツは、四死球で出塁した6人がホームベースを踏んでいます。
カープは、四球で出塁した7人が残塁です。

どうもこうもならんで!ほんまに。

それにしても、原監督のピッチャー交代は早いですね。
先発山口を、4回先頭小園海斗が左中間2塁打打ったところで交代です。
6-3でリードしてるのにです。

また出てくるピッチャーが抑えます。
山口の次に出てきた田口は、西川龍馬のセカンドゴロで1失点、菊池涼介にソロホームラン打たれ計2失点ましたが、
5回の2アウト満塁では鍵谷が、6回は戸根が四球で2アウト満塁になるとすぐ大竹に交代、
8回には、澤村が鈴木誠也にレフト前に打たれ1アウト2塁1塁になると、高木恭介に代えています。
いずれもキッチリ抑え、無失点で切り抜けました。

それに引き換えカープ、2軍で調子いいといって上げた、レグナルト、一岡竜司がいずれも1失点です。
キッチリ抑えていれば・・・・・・というところです。

しかし、まぁ、不甲斐ない形で2連敗しているカープ、いくら弱い東京ヤクルトとはいえカード3連勝している東京読売。
この差がもろに出ました。

2019年 8月12日(月・振)18:00~ 広島 7-8 東京読売 (マツダスタジアム)
対戦成績11勝6敗1分、通算成績55勝51敗3分(3位、首位Gから4.5ゲーム差)

アドゥワ誠 4回20打者79球4安打3三振3四球1死球6失点、3勝5敗
島内颯太郎 1回5打者18球2安打0失点
レグナルト 2回10打者37球3安打2三振1四球1失点
一岡竜司 1回6打者22球2安打1四球1失点
今村猛 1回4打者12球1三振1四球0失点
ホームラン:菊池涼介10号(4回=ソロ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ