やっと勝った、延長サヨナラで

先発ジョンソン、初回立ち上がりから連続2四球、おいおい、昨日のアドゥワ誠と同じか・・・・・
という悪い予感が・・・・

しかし、次打者丸をゲッツーに取り岡本もレフトフライに取り無失点で切り抜けました。

今日のジョンソン、球審(丹波)との相性が悪いのは、ブツブツ、イライラしている様子。

でも、2回は1アウトからライト前(大城)、4回は先頭を四球(丸)この回は3四球で2アウト満塁になります、7回も先頭(大城)にライト前とランナーを出しますが、なんとか7回まで無失点に抑えました。
このあたりは、サスガ!というべきなのかな。

打線は、相手先発メルセデスに対し、2回裏、先頭鈴木誠也がセンター前、5番松山竜平が右中間2塁打で先制点。
でも、この後はサッパリ。

追加点を取っていれば、楽に試合を進められたのに・・・・
7回裏、チャンスがありました。
1アウトから松山竜平がライト前、メヒアの高いバウンドのサードゴロがイレギュラー、小園海斗の代打會澤翼が死球で1アウト満塁になります。

打順は、8番石原慶幸、9番ジョンソンです。
ここは当然代打です(あたりまえですが)。
絶体、追加点が欲しいところです。

しかし、緒方孝市監督が指名したのは安倍友裕です。
えぇーーー、何で。
最近の安部友裕は、覇気もなければ、打つ雰囲気も全くないです。
昨日も2アウト満塁で出てきて、無気力なセカンドゴロです。
今日も、案の定、3球三振です。
初球からガツンとやってやる!という気持ちが感じられません。
打席での意気込みというか、ここで決めてやる!というのが見えません。

それより、昨日9回裏、センター前にヒットを打っている三好匠の方が、安部よりはなんとかしてやろうという意志が見えます。
今日は、安部の後、出てきてセンターフライに倒れましたが、代打の順番が逆じゃないの、と思いましたよ。

リリーフの順番も逆じゃないの。
ジョンソンの後、菊池保則が出てきましたけど(最近出てきてはは無失点に抑えていますけど)、上位打線に繋がるのですよ。
ここは、中村恭平の方が先じゃないのかな。

どうも、最近の緒方孝市監督の采配はちぐはぐさ(早めに守備固めに入るとか、ある選手に固守するとか)が、目立ちます。

この試合は、まぁ、勝ったよかったということだけです。

延長11回、先頭鈴木誠也が、レフトフェンスの2塁打、野間峻祥(代走から守備固め)が送りバント、メヒア、會澤翼と申告敬遠、残っているのが、安部と同じで最近出てきても、期待できない磯村嘉孝。
しかし、磯村嘉孝は、交代したばかりの鍵谷からレフト犠牲フライでサヨナラ勝ちです。

緒方孝市監督には、勝つ、こうやれば勝つ、という采配をしてもらいたいものです。
それで負ければしょうがない、というのでいいから。
まぁ、無理かな?

2019年 8月13日(火)18:00~ 広島 2x-1 東京読売 延長11回 (マツダスタジアム)
対戦成績12勝6敗1分、通算成績56勝51敗3分(3位、首位Gから3.5ゲーム差)

ジョンソン 7回26打者117球2安打7三振5四球0失点
菊池保則 1/3回3打者15球1安打1四球1失点
中村恭平 1回2/3、5打者16球1安打1三振0失点
中崎翔太 1回3打者9球0失点
遠藤淳志 2/3回5打者22球1安打1四球1死球0失点
今村猛 1/3回1打者3球0失点、3勝

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ