たいくつな試合

フレッシュな若い選手に期待したが、相手先発田川に初勝利をプレゼントです。
エルドレッドのようにやさしいカープです。

塹江敦哉ががんばって、野手陣が打ちまくり勝ち星をあげなきゃ。

塹江敦哉、初回こそ、3者凡退に切り抜けましたが、2回、4回と同じパターンで失点です。
2回は、バレンティンに四球,雄平にホームラン。
4回は、村上にストレートの四球、1割打者広岡にホームランです。

カープの出てくるピッチャー、四球ばかり出します。全部で8個です。
もう、うんざりします。
レグナルトは、連打から3ランですが。

5回終わった時点で0-8です。

ここから、カープは7点入れてあと一歩までいきましたが、逆転までいかないと。

最終回、3点差で相手マクガフに対して、先頭曽根がセンター前、鈴木誠也、松山竜平と倒れ(いずれも外野フライ、カープの選手はフライばかりポンポン打ち上げます)2アウトです。

ここから磯村嘉孝が左中間2塁打で1点返し、代打堂林翔太がセンター前でもう1点返し1点差に追い上げます。
坂倉将吾がセンター前と続き2アウト2塁1塁、小園海斗、安部友裕と続く打線。
この2人では、得点は無理だと思います。
ピンチヒッターエルドレッドを出してくれと思いましたが、小園海斗は予想どおりあえなく空振り三振。
ゲームセット。

小園海斗、あらゆる解説者、評論家諸氏が絶賛します。
好球必打で積極的に打っていきます。
今はコレでもいいかもしれませんが、勝つ試合をやるなら、ここぞという時、ベンチに適任者がいれば代打を出すべきです。
安部友裕は、打席で打てる雰囲気を感じません。
覇気どころじゃないです。
プランプランと気のない感じでバットを振るだけ。
こんな覇気のない選手がいると、チームの士気に関わります。

こんなんでクライマックスシリーズを戦うのですかねぇ。
希望持てませんねぇ。

2019年 9月15日(日)18:00~ 広島 7-8 東京ヤクルト (マツダスタジアム)
対戦成績13勝11敗、通算成績69勝66敗3分
3位、首位G、M5から6.0ゲーム差、2位Deまで1.5ゲーム差

塹江敦哉 3回1/3、17打者70球3安打5三振4四球4失点、1敗
中田廉 1回4打者20球2三振1四球1失点
レグナルト 1回2/3、10打者41球4安打2三振1死球3失点
ケムナ誠 1回5打者14球1安打1三振1四球0失点
遠藤淳志 2回8打者35球1安打2三振2四球0失点
ホームラン:磯村嘉孝4号(7回=2ラン)

※エルドレッド、引退セレモニー
優しい人柄を感じさせる素晴らしいセレモニーでした。
ちょっと長すぎると思いましたが・・・。
今後は、エルドレッドのような素晴らしい選手を見つけ、カープに送ってきて欲しいですね。
7年間、一発で試合をひっくり返せることを何度も見せてくれました。
ありがとうございました。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ