あと1点取っとけば

中5日で登板する先発陣。
床田寛樹、ランナーを出しながらも粘投で頑張っていました。

5回、先頭(平田)に西球、2アウト後、大島にライト前で1失点。
次打者京田にストレートの四球、3番福田にレフト前で1失点。
この回(5回)、四球2個が絡んでの2失点だけでした。
よく投げたと思いますよ。

打線が、4回までにあと1点取っていればなぁ・・・

試合は、カープが先制しました。
相手先発小笠原に対し、初回、1アウトから菊池涼介レフト線に2塁打、ワイルドピッチで3塁へ。
鈴木誠也がピッチャーゴロ、これをハジキセカンドゴロに、この間菊池が返って先制です。

好調長野久義がレフト前で1アウト2塁1塁。
ここであと1点取っておけば・・・・でしたが、會澤翼、安部友裕が連続空振り三振でならず。

3回は、2アウトから鈴木誠也がレフトオーバーの2塁打、長野久義が四球を選び、會澤翼がセンター前タイムリーで1得点。
2アウト3塁1塁で安部友裕はサードファールフラウで追加点ならず。

5回に、同点にされます。

カープは9回までに3点リードしなければならない。
今日は、中日のリリーフ陣に対し追加点が取れませんでした。

7回は、1アウト3塁、8回は、1アウト3塁1塁のチャンスがありましたが、追加点を取れずでした。
7回は、代打磯村嘉孝、西川龍馬が凡退、8回は、會澤翼のピッチャーライナーでゲッツーでした。

こうなってくると、少しずつ流れは中日に傾いていったのでしょうか。
延長10回、レグナルトが先頭京田を2球で追い込みながら甘い球をライトスタンドに持っていかれました。
ノーマークの京田、あっという間にスタンドでした。

7回、8回は中村恭平、菊池保則が3者凡退に退けています。
7回、8回のチャンスに点が入らなかったのが痛かったという試合でした。

2019年 9月11日(水)18:00~ 広島 2-3 中日 延長10回 (マツダスタジアム)
対戦成績13勝9敗、通算成績67勝64敗3分
3位、首位G、M9から5.0ゲーム差、2位Deまで1.0ゲーム差

床田寛樹 6回27打者101球8安打2三振2四球2失点
中村恭平 1回3打者18球0失点
菊池保則 1回3打者19球0失点
フランスア 1回4打者15球1安打1三振0失点
レグナルト 1回4打者15球2安打1三振1失点、6勝3敗

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ