あと一歩だったが

相手先発・山口俊に対して、初回、幸先よく西川龍馬のレフト犠牲フライで先制しました。

一方、アドゥワ誠は、初回、不運なヒット(田中広輔は深追いしすぎて?ポロリ、センター前のフライを野間峻祥は追い付けず)があり、不調の岡本にレフト3ランを打たれました。
(先制のすぐ後、痛かったですね)

自己修正出来るアドゥワ誠は、持ち直しましたが、4回裏、ゲレーロにライトスタンドに一発を浴びました。
この一発がなければ・・・というところでしょうか。

カープは、山口俊に対して、ランナーを出しますが、ここで!というところで打てませんでした。

ピッチャーが代わったら打つカープ。
ピッチャーがいつ代わるかと見ていましたが、ついに来ました。
7回、アダメスが出てきました。
2日前に、バティスタと西川龍馬がホームラン打っています。

先頭1番野間峻祥がセンター前、2番菊池涼介はセカンドゴロで野間峻祥が2塁アウト。
3番バティスタはセンター前、4番鈴木誠也はライト前タイムリーで1点返します。

ここでジャイアンツはピッチャー戸根に代わります。
5番西川龍馬は死球で1アウト満塁になります。

ここで代打長野久義、相手ピッチャーは田原に代わります。
長野久義、期待に応えてセンター前、同点タイムリーです。
しかも1アウト2塁1塁。

イケイケドンドン押せ押せのカープ。
バッターは途中から安部友裕に代わってサードに入っている小窪哲也です。
打てそうな雰囲気ありましたが、何と見逃しの三振です。
2ストライクからは、振ってくれよ。
振ればなんとかなるかもわからないのに。

ここで流れが止まったように思います。わたしは。

8番田中広輔が四球を選び、2アウト満塁になりましたが、途中で代打からキャッチャーの守りについていた會澤翼の当たりは、レフトオーバーの当たり。
もうちょっと伸びていれば・・・・というレフトフライに終わりました。

追いかけるチームは、逆転勝ち越ししなければ・・・・という鉄則があります。
せっかくイケイケドンドンだったのに、逆転までいけなかったのは、痛かったですね。

8回裏、フランスアが出てきましたが、先頭岡本にレフト前、送りバント、申告敬遠、ノーマーク(いつものフランスアならなんなく片付けたであろう)山本にライト前で1アウト満塁。
途中から出ていた重信に浅いセンターフライ、3塁ランナー岡本スタートをきります。
野間峻祥の返球がキャッチャー左側に逸れます。
會澤翼、タッチにいきますが追いタッチ気味になってセーフ、勝越されました。

返球が、まっすぐホームベースのところに来たらアウトだったと思いますが、流れというものでしょうか?。
今日は、うまく流れたのは、ジャイアンツでした。

2019年 5月26日(日)14:00~ 東京読売 5-4 広島 (東京ドーム)
対戦成績6勝4敗、通算成績28勝19敗1分(首位、2位東京読売に2ゲーム差)

アドゥワ誠(5回、22打者87球7安打4三振1四球4失点)→中村恭平(1回3打者12球2三振0失点)→菊池保則(1回5打者18球1三振2四球0失点)→フランスア(1回6打者22球2安打1三振1四球1失点、4勝2敗)

※7回裏(同点に追いついて、菊池保則が出てきました)
先頭代打重信に四球、送りバント、四球、ワイルドピッチで、1アウト3塁2塁。
バッターカープ戦ではよく打つ坂本、ここでやられるかと思ったが、空振り三振に取りました。
そして、丸をレフトフライ。

菊池保則に続いて、8回、フランスア、流れを継いで欲しかったが・・・・いつもうまくいくとは限らないですね。
8回表の攻撃、1番野間峻祥からだったのに、澤村に三者凡退。
ここで流れが変わったのかも。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ