リズムに乗れない

最後は、中崎翔太が、なんだかんだと言われている柳田にサヨナラホームランを打たれました。

このヤフオクドーム3連戦は、ヤフオクドームにやられました。
カープは、カープのリズムに乗れませんでした。

短期決戦といわれている、シリーズで波に乗るチームは、伏兵といわれる選手が活躍するものです。
普段、あまり打ってない選手とか、シリーズで不振な選手が打たなければならない場面でなぜか打つものです。

福岡ソフトバンクでいえば、今日の7回、明石の同点ソロホームランです。
明石、シーズン1本ですよ、ホームランは。
普通なら、フランスアのボールは打てないはずです、が、打って下さいというボールが真ん中に入りました。
ありえなぁーーーーーい。ですね。

まぁ、こういうもんでしょう、負ける時というのは、カープ側から見れば。

このヤフオクドームシリーズ、上林といい、グラシアルといい、今宮といい、甲斐といい、安全牌(?)といわれている選手になぜか痛いところで打たれています。

カープは、メヒア、バティスタにこの役目を期待しましたが、いいところなしでしたね。

この試合、カープとソフトバンクの違いは、
ソフトバンクは、先頭打者が塁に出る。
カープは出ない。
ということですね。

ソフトバンクのピッチャーは、先頭打者だけは絶体出さないという意識で投げているのでしょうね、きっと。

カープの先発、大瀬良大地、中4日での登板です。
3回までは、大瀬良大地らしいピッチングでした。

2回表、カープは、1アウトから松山竜平がライトポール際の2塁打で出塁、會澤翼のセンター前で先制しました。
2アウト2塁1塁で、9番野間峻祥がライト前に打ったが、ランナー安部友裕がホームでアウトになりました。

あぁーーあ、痛いアウトです。
昨日の初回、菊池涼介のホームアウトが重なります。(大丈夫かいな)

大瀬良大地、2回は、先頭5番中村晃にセカンドゴロ内野安打を打たれましたが、後続を断っています。

4回裏、先頭2番明石に四球です。
続く、当たっていないグラシアルにレフト前、どうもカープのピッチャーは、2廻り目の先頭に出塁を許すと、続けて打たれたり、四球なりでピンチを招きますね。

4番柳田には、いい投球をしましたが最後内角球がハズレ四球です。(ノーアウト満塁の大ピンチです)
5番中村晃にセンター前に打たれ2点献上です。(簡単に逆転されました)
まぁ、この回はこの2点に抑えました。
が、一抹の不安が残ります。

5回裏、先頭甲斐の打球はピッチャゴロ、これを大瀬良大地がハジキ、セカンドゴロで出塁、もうこのあたりが限界と思いました、わたしは。

続く上林の打球は緩いショートゴロ、これも一塁セーフ、明石が送って、1アウト3塁2塁のピンチ。
ここで大瀬良大地降板、ヘルウェグに代わります。

ヘルウェグにとっては先頭グラシアルに死球(ヘルウェグ、シリーズ初戦でも内川に当てています、よく乱闘にならなかったものだ)、柳田のピッチャーゴロの間に1失点です。

ソフトバンクは、4回、5回とノーアウトで出塁のランナーを確実にホームに返しています。

それに引き換え、カープは、先頭打者が出塁できません。
1回、田中広輔、セカンドゴロ
2回、鈴木誠也、空振り三振、
3回、田中広輔、セカンドゴロ、
4回、西川龍馬、初球をセカンドフライ、(6番ファーストでスタメン出場です)
5回、野間峻祥、セカンドゴロ、
6回、ここでピッチャー武田に代わりますが、西川龍馬、ファーストゴロ、
7回、田中広輔、ピッチャーゴロ
8回、ピッチャー高橋礼に代わりますが、西川龍馬の代打、バティスタ、ショートゴロ、
9回、野間峻祥、サードゴロ、

得点は、2回の1点、
5回、2アウト2塁から丸佳浩のライトへの逆転となる2ランホームラン。(5回裏、1点取られ同点です)
6回、2アウトから會澤翼が再度逆転となるレフトポール際のソロホームラン。
この1点を守ろうと、フランスアを6回途中から投げさせましが、7回に伏兵明石に同点ソロを打たれました。
延長10回表は、代わった加治屋から、先頭鈴木誠也が四球を選びます。
この試合、初めての先頭打者出塁です。(やっとです、大事にしたいランナーです)
次打者、代打でそのまま指名打者新井貴浩に代わって、曽根海成です。
ミエミエのバント作戦です。(でも、キッチリと決めます)1アウト2塁、一打勝越しの場面です。

しかし、期待したバティスタは空振りの三振、阿部との廣はセカンドゴロに終わります。

これじゃぁ、波に乗れませんね。

その裏(10回裏)、9回途中から投げていた、中崎翔太、回跨ぎで出てきます。
(延長12回を考えれば、残ってるピッチャーは、今村猛くらいだからしょうがないか)
先頭柳田にサヨナラホームランを打たれゲームセットです。

あぁーーーーあ、ヤフオクドームで3連敗です。
セリーグ球団、ヤフオクドームで勝てません。
呪いのヤフオクドームか?

カープはマツダスタジアムがあります。
望みは、マツダスタジアムに力をもらうしかないか。
明後日は、マツダスタジアムの力とカープ選手のヤケクソ力(?)で、福岡ソフトバンクホークスをコテンパーにしてやりましょう。

そうすれば、流れが大きく変わって、カープに大きな大きな波が来るでしょう。
頼みますよ、選手諸君。
緒方孝市監督もね。

それより、絶対的に力になるのはカープファンの力です。
ファンの力で、スタジアムから、テレビの前から、大きな大きな声援を声も枯れろと精一杯応援しましょう。

2018年 11月1日(木)18:30~ 福岡ソフトバンク 5x-4 広島 延長10回 (ヤフオクドーム、広島1勝3敗1分)

大瀬良大地(4回1/3、20打者79球5安打2三振3四球3失点)→ヘルウェグ(2/3回3打者1死球0失点)→一岡竜司(2/3回3打者1安打0失点)→フランスア(2回2/3、10打者2安打3三振1失点)→中崎翔太(2/3回4打者1安打1四球1失点、1敗)
ホームラン:丸佳浩1号(5回=2ラン)、會澤翼1号(6回=ソロ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



One Response to “リズムに乗れない”

  1. 札幌の鯉 より:

    だらしない負け方で、ソフトバンクが優勝。
    負けるにしても、何の希望もない完封負け。
    宮島さんが一度も歌えないマツダ、日本シリーズで。
    応援する人も、テレビ観戦の人も、
    こんな情けないカープは見たくなかった。
    ファンであることを誇ることができない試合は
    やめてくれ!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ