まずは1勝、ジョンソン好投

相手福岡ソフトバンクホークスは、打線を変えてきました。
どうしても勝ちたいという、攻撃的スタメンでした。
デスパイネを5番レフトに持ってきました。
守備を犠牲にしても、攻撃でカバーして欲しいということでしょうね。
先発は、バンデンハーク、あまり打ててないイメージがありましたが。

カープは、安心ピッチャー、ジョンソンです。(イライラするなよ)
これがまた好投しました。
やっぱり安心ピッチャーです。
3回まで3者凡退、4回に先頭1番川島に四球、2番今宮にセンター前に初ヒットを許しましたが、クリーンアップ3番グラシアルをショートライナー、4番柳田を空振り三振、5番デスパイネをショートゴロに打ちとちました。

ジョンソン、まったく危なげない投球でした、安心ピッチャーでした。

打線は、初回、先頭田中広輔のレフト前方のフライ、レフトデスパイネが前進して捕球かと思ったら捕れません、後ろに反らします。
田中広輔は2塁まで進みました。
菊池涼介が送り、1アウト3塁、先制点のチャンスです。
このシリーズ不振(ノーヒット)の丸佳浩は空振り三振に倒れ2アウトになりました。
4番鈴木誠也の打球は、ボテボテのショートゴロの内野安打、これで先制の1点が入りました。

3回には、先頭田中広輔がレフト前にヒット、菊池涼介に打球は、緩いセカンドゴロ、セカンド川島が前進して2塁に送球するが悪送球、ノーアウト3塁2塁になりました。
3番丸佳浩の打球は、レフトファールフライ、フェンスギリギリで捕球しましたが、犠牲フライになりました。鈴木誠也は、空振り三振に倒れましたが、5番松山竜平が三遊間レフト前にタイムリーヒットで2点目を挙げました。

5回表、ランナーが1人出ると9番バンデンハーグに廻ってくるという状況。
バンデンハーグ、打つのか代打なのか、ベンチも迷っている様子。
しかし、6番中村、7番松田、8番甲斐と凡退になりました。

5回裏、バンデンハークが出てきます。
バンデンハーグ、気持ちが切れたのか、1アウトから菊池涼介に三遊間レフト前、丸佳浩にはライト線へ2塁打(シリーズ初ヒット)、鈴木誠也はセンター前で2点タイムリーになりました。

よくあるケースですね、ピッチャーに廻ってくるから、代打か続投かと迷う時、中途半端に続投さすとよく打たれる。
まさに、これでした。

福岡ソフトバンク、超攻撃的布陣が、結果的に裏目になりましたね。

カープ、先勝してよかったです。
しかし、福岡ではどうなりますか。厳しいですね。
DH制の野球になりますから、福岡は普段どおりに野球になります。

場所が変わって3連敗、2年前のことが頭によぎります。
が、今年は学習していると思います。
きちんとした野球をやりましょう。

2018年 10月28日(日)18:30~ 広島 5-1 福岡ソフトバンク (マツダスタジアム、広島1勝1分)

ジョンソン(7回、26打者103球4安打7三振1四球1失点、1勝)→フランスア(1回4打者1四球0失点)→中崎翔太(1回4打者1三振1四球0失点)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ