うぅーーん、流れが変わった

ジョンソン、田口の投げ合いでした。

ジョンソンは、よい時そのまま、安心投球でした。
2回に、5番長野に四球、7番亀井のショートゴロエラーで出塁を許しただけ。

一方の田口はテンポよくスイスイと投げていきます。
わたしが見た中では今シーズン一番よいピッチングだと思います。

初回に丸佳浩にライト前に打たれただけ。(4回には四球を出しました)
他の打者は、このテンポよい投球にさっぱりでした。

こうなると、失点は、ホームラン一発かな、エラーがらみでの失点かな、と思って緊張感成る投手戦を見ていました。

先に失点したのは、ジョンソンでした。

6回表、1アウトからカープ戦ではよく打つ坂本にセンター前に打たれます。
2番田中広輔の弟がショートゴロで2塁アウト。
この田中広輔の弟、カープにとって打たれてはいけない時に打ったり、なにかいやらしいことをしてきます。

ジョンソン、うまくけん制で引っ張り出したのに2塁セーフにしてしまします。
3番マギー、この選手もカープにとって打たれてはいけない時によく打ちます。
CSシリーズ当たっています。
ジョンソン、牽制でアウトと思ったのが2塁に生かしたのがあったのか、左中間に打たれ1失点します。

田口の方は、相変わらずテンポよく投げてきます。
こりゃ、勝ち目ないなぁと思っていました。

しかし、なぜか6回で引っ込め7回裏から、畠が登板してきました。

ピッチャーが代わった、こりゃチャンスがあるかも、と思っていましたが、
田口の好投を引き継いだのか、7回は、丸佳浩を見逃しの三振、鈴木誠也を3塁ゴロ、メヒアを」レフトフライに取ります。

8回にも続投です。
先頭6番野間峻祥がセカンドゴロ、7番小窪哲也の代打、西川龍馬が見逃しの三振、2アウトです。(あぁーーーあです)

8番石原慶幸の代打、松山竜平が四球を選びます。(代走上本崇司)

9番ジョンソンのところで代打、新井貴浩登場です。(マツダスタジアムが盛り上がります)
この新井貴浩の打席の時、上本崇司が盗塁します。

新井貴浩、3ボール2ストライクになります。
畠が投げた低めに落ちる変化球(フォークか?)を引っ張るとレフト線ポールの前に落ちます。
同点です、同点です、新井貴浩セカンドベース上で喜びいっぱいです。

解説の山崎武司さん、キャッチャーの立場から、「何で変化球を投げさせたのか?ベテランにはまっすぐで勝負させたらいいのに」なんてことを言っていました。

続く1番田中広輔が四球を選び、打席には2番菊地涼介です。
今シーズンは打撃不振の菊池涼介です、でも、何かやってくれるという雰囲気はあります。

菊池涼介の当たりは、左中間へ、これで逆転打だぁーーーと思ったらなんとなんと、スタンドに入りました。
3ランホームランです。
菊池涼介、走りながらガッツポーズです。

これで流れは、完全にカープですね。
9回表は、中崎翔太が、ホイホイと3者凡退で勝ち。

と思ったら、今日の中崎翔太、ボールが高め高め。
えぇ、ストライク入らない状態です。

先頭マギーにライトオーバー2塁打、4番岡本はセカンドフライに取ります。
5番長野に四球で1アウト2塁、1塁。
6番代打阿部がカキーーーンと打った打球はライトスタンド、同点か、と思ったらフェンスの前で鈴木誠也が捕りました。阿部の打ち損じでしたね(危ない、危ない)

そして、亀井、この選手もカープ戦だとよく打つ印象があります。
が、最後はセカンドゴロに打ち取りました。

ヒヤヒヤの9回表でした。

野球というのは、ピッチャー交代は難しいですね。
打たれて代えるのはわかりますが、好投しているピッチャーを代えるのは・・・・

カープは、ジョンソンを代えなかったのがよかったのかな。
8回は、点を入れないといけないので代打を出しましたが。
これが新井貴浩でした・・・・

ピッチャー交代、これで、流れが変わる場面を何回となく見てきました。
今日は、カープにとってよい巡り合わせでした。

2018年 10月18日(木)18:00~ 広島 4-1 東京読売 (マツダスタジアム、広島3勝、アドバンテージ1勝を含む)

ジョンソン(8回、29打者113球2安打5三振2四球1失点、1勝)→中崎翔太(1回5打者1安打1四球0失点、1s)
ホームラン:菊池涼介1号(8回=3ラン)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ