あと一歩までいったが

6回終了時点で3-8だったが、8回に5点を取り1点差まで追い上げました。
が、追い付けずこのシリーズ初めて負けました。

まぁ、あと一歩までということですが、相手先発ミランダを打てなかったのと、3番丸佳浩がまったくタイミングが合わず空振り三振ばっかりだったことと、先発九里亜蓮を早く代えなかったことじゃないかと思います。

先発九里亜蓮、シーズン中と変わらず、気持ちを前面に出し好投していました。
が、4回、1アウトから4番柳田に四球、5番デスパイネにも四球、こりゃちょっと変わってきたな、と感じました。
続く6番中村晃にライト前に打たれ1点、2アウト後8番今宮にレフト線に打たれ1点、計2点取られました。
四球(しかもノーアウトから連続)から、タイムリー、踏ん張りきれませんでした。

5回表、9番安部友裕のライトへのソロホームランで1点差になりました。
反撃モード全開です。

しかし、九里亜蓮、5回、先頭1番上林(このシリーズ当たっていません)にレフト前、2番明石が送りバント、わたしはここでピッチャー交代させろと思いました。

もう完全に流れが変わっていて、今日の九里亜蓮では抑えきれないと感じました。(流れから感じていました)

続く3番グラシアルにもレフト前に打たれ、1アウト3塁1塁ですが、ここでも続投です。
4番柳田の打球はファーストゴロ、これでゲッツーかと思いましたが、これをメヒアが2塁へ悪送球。
1点追加されます。
ここで、エラーとはねぇ、ここで終わっておけば、まだまだ逆転の可能性いっぱいだったのに。
やっとここで交代。
リリーフヘルウェグも5番デスパイネのショートゴロで、さらに1点追加されました。

また、相手先発ミランダは左腕だけど右打者は抑えているが、左打者には打たれる傾向があるピッチャーです。
カープの左バッター、田中広輔(2四球)、松山竜平(2安打)、野間峻祥(1安打)、安部友裕(ソロホームラン)は、打っていましたが、丸佳浩は、まったくタイミングが合わず、3空振りの三振です。
特に、3回の2アウト満塁のとき、1本出ていたら先制点となり、九里亜蓮も違った気持ちになっていたのかもね。

8回表、代わった加治屋から先頭鈴木誠也がレフトへソロホームラン、1アウト後代打で出ていたバティスタがレフト前、野間隆洋が四球、會澤翼がセンター前で1アウト満塁、ここで安部友裕が何と満塁ホームランで1点差に追い上げました。
が、ここまででした。

こう思うと、結果論ですが、7回裏、中田廉が高谷に打たれたソロホームランが痛かったですね。
高谷は、今シーズン1本しかホームラン打ってなし、打率も1割台の打者ですよ。

でも、負ける時はこういうものですかね。
明日からは、しっかりしていきましょう。
明日勝てば、なんとかなると思いますよ。

2018年 10月30日(火)18:30~ 福岡ソフトバンク 9-8 広島 (ヤフオクドーム、広島1勝1敗1分)

九里亜蓮(4回1/3、22打者73球6安打4三振2四球4失点3自責点、1敗)→ヘルウェグ(2/3回4打者2四球0失点)→岡田明丈(1回7打者4安打=デスパイネに3ラン2三振4失点)→中田廉(1回4打者1安打=高谷にソロ1失点)→一岡竜司(1回5打者1安打1三振1四球0失点)
ホームラン:安部友裕1号(5回=ソロ)、鈴木誠也1号(6回=ソロ)、鈴木誠也2号(8回=ソロ)、安部友裕2号(8回=満塁)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ