ジャイアンツには負けない

打撃練習みたいだけど勝ちました。

相手ピッチャー内海に対して、立ち上がりに決めました。
1番野間峻祥が四球を選び、すかさず盗塁です。
2番菊地涼介の三塁ゴロの間に3塁へ。
3番丸佳浩がライト前に先制タイムリー。
4番鈴木誠也は、初球を右中間スタンドへ2ランです。
速攻で3点取りました。

これでもジャイアンツには、充分でしょうが、

3回には、先頭田中広輔、7番西川龍馬が連打で出塁。
石原慶幸、ジョンソンコンビは、凡退しました(まぁ、予想どおり、2アウト)が、
野間嘉孝、菊池涼介、丸佳浩(ここで内海をノックアウト)、鈴木誠也が怒濤の連打攻撃で5点取りましたよ。
おまけに7回、8回にも1点ずつ。

きょうーーーも、カープの勝ーち勝ーち、勝ち勝ち。
これで勝ちが決まりました。

ジョンソン、安定したピッチングで、7回まで散発の4安打に抑えて、軽く10勝目です。
シーズン初めの頃は、どうしたんだろうと思っていましたが、投げるたんびに勝ち星を重ねてきました。

今日は、2回裏ゲレーロのソロの1点だけです。

9回は、今村猛が、ホームラン、ヒット、四球、2塁打をプレゼントしましたが、昨日も今日も明日も投げるフランスアが締めました。

今村猛、先頭に打たれるといつも失点している印象がありますが・・・・

まぁ、ジャイアンツ戦は負ける気がしませんですね。
なにをやっての勝ちます。

2018年 8月28日(火)18:00~ 東京読売 5-10 広島 (東京ドーム、広島14勝5敗1分)

ジョンソン(7回、26打者113球4安打3三振1四球1失点、10勝2敗)→一岡竜司(1回4打者1安打1三振0失点)→今村猛(0/3回4打者3安打1四球4失点)→フランスア(1回4打者1安打2三振0失点)
ホームラン:鈴木誠也26号(1回=2ラン)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ