ジャイアンツには勝つ

延長10回、押し出し四球で勝越し、そのまま勝ちました。
昨日も今日も明日も投げる、フランスアが初セーブです。

久しぶりのスタメン5番、絶不調の新井貴浩が6回、丸佳浩、鈴木誠也の連続四球のあとセンターへ逆転3ランを放ち、勝越しました。

新井貴浩がホームランあるいはいいところで打ったのは、いつ以来でしょうか。
記憶にないくらい遠い昔の話(?)ですね。

このベテランの久しぶり逆転一発で、今日もカープの勝ーち勝ーちと思いましたがそうはいきませんでした。

先発、九里亜蓮、初回トップバッター坂本の打球が九里亜蓮に直撃、どこの当たったんでしょうか?脇腹あたりかな。
このボールがショートへ、田中広輔一塁に投げるがセ-フ。

2番、重信の打球は一塁ゴロ、これを新井貴浩がハジき、慌てて一塁ベースカバーの九里亜蓮へ投げるが悪送球、ダブルエラーです。
ノーアウト3塁1塁のピンチを招きました。
ここで、3番マギーにレフト犠牲フライ、4番岡本にセンター前タイムリーを打たれ、この回(初回)2失点です。

悪い点の与え方でした。

カープは5回、これこそめずらしく九里亜蓮がライト前にタイムリーで1点返します。
6回には、新井貴浩の3ランで逆転しました。

しっかり守って欲しい、九里亜蓮、やっぱり100球の壁につかまりました。
先頭、ゲレーロを三振に取ったはいいが、長野、小林に連打を浴びます。
代打亀井を三振に取り2アウト。
しかし、ここから坂本、重信に連打を浴び同点にされました。

九里亜蓮、100球になる前に代えないとダメですよ。
九里亜蓮の「100球の壁」ですね。
好投していても、いつもこのあたりでやられますね、九里亜蓮。
でも、いつかは、克服しなくてはいけない「壁」ですけどね。

試合はそのまま、延長に入り、10回表、相手ピッチャー、回跨ぎのアダメスに対して、
1番野間峻祥が四球、菊地涼介が送りバント、丸佳浩は敬遠、鈴木誠也も四球で1アウト満塁、途中から出ていた堂林翔太はピーゴロで2アウト。
6番田中広輔がキッチリ選び押し出しの四球です。
これが勝ち越し点となり、その裏、フランスアが抑えて勝ちました。

ジャイアンツには、終わってみればいつも「勝ち」ですね。

2018年 8月29日(水)18:00~ 東京読売 4-5 広島 延長10回 (東京ドーム、広島15勝5敗1分)

九里亜蓮(6回、30打者118球8安打4三振3四球4失点2自責点)→ジャクソン(1回4打者1三振1四球1死球0失点→一岡竜司(1回3打者3三振0失点)→中崎翔太(1回6打者1安打2四球0失点)→フランスア(1回5打者2四球0失点、1s)
ホームラン:新井貴浩4号(6回=3ラン)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ