カープ外国人選手動向(退団選手と新獲得選手)

カープは、ブラッド・エルドレッド(38)内野手、ジェイ・ジャクソン(31)投手、レオネル・カンポス(31)投手と来シーズン契約しないことを発表しました。

エルドレッドは、カープで7年間プレーしました。
2014年には、37本塁打で本塁打王に輝きました。
今シーズンは、38試合出場で5本塁打、14打点でした。
外角低めの変化球には、空振り三振ばかりしていましたが、魅力は長距離砲として、ここ一番でのホームランが魅力的な選手でした。

ジャクソンは、3年間でしたが、セットアッパーとして活躍してくれました。
8回を抑えた時、笑いながらベンチに帰る時のうれしそうな顔が印象的でした。

カンポス投手は、記憶にありません。

また、カープは、新外国人選手として、カイル・レグナルト(29)投手)を獲得したと発表しました。
レグナルト投手は、身長188センス、体重103キロの左投げ、左打ちです。
背番号は「58」に決まりました。
今シーズンは、メッツ傘下3Aで48試合に登板。4勝1敗3セーブ、防御率4.77の成績でした。
ジャクソンの代わりですかね。
がんばってほしいですね。

なお、ジョンソン、ヘルウェグ、フランスア、バティスタ、メヒアは、残留します。
来シーズン、更なる活躍を期待したいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ