逆転勝利で締めた

新星、中村祐太、3連勝なるか。
で始まりましたが、相手田口もよかった。
田口は、前半はいいので、中村祐太が中盤までは抑えていればなんとかなると思っていました。

しかし中村裕太、3回裏、3塁に高いバウンドの内野安打、2アウトから四球、2番立岡のライト前で先制されます。
続いてホームに突っ込んだ脇谷はアウトにしました。
結果的には、このアウトが効いたことになります。

5回裏には、先頭から連打、そしてピッチャーの田口にタイムリー打たれ、1失点。

中村祐太は、5回2失点で降板。
カープ打線なら、2点くらいいつでも取り返せる、2失点に抑えた中村祐太、OKじゃないですか。

継いだ中田廉、先頭3番坂本に四球、4番マギーにレフト線2塁打で、ノーアウト3塁、2塁です。
このピンチを、5番阿部、6番石川を空振り三振、7番長野を敬遠、8番1割打者小林と勝負して、ピッチャーゴロに抑えました。(中田廉、よくやった!)

ピンチのあとにはチャンスあり。
この格言?、今日も生きていました。

7回表、1アウトから、鈴木誠也がストレートの四球、(田口は、鈴木誠也が苦手なんですかねぇ、この試合初めての四球です)、そして5番エルドレッドがセンターバックスクリーン横に同点2ランホームランです。

カープは、勝ちパターンリレーに入ります。(中崎翔太、ジャクソン、今村猛)
この間に、勝ち越し点を上げないとヤバイよ、と思っていました。

が、相手は調子いいマシソンを打てませんでした。

延長戦突入の、10回表、抑えのカミネロが出てきました。
カミネロ?、たしか以前打っています、カープ打線は。・・・ひょっとすると、この回勝負かな?。

そしたら、なんと先頭・會澤翼がライト前、代打石原慶幸、この交代は明らかに送りバンドでしょう、石原慶幸、これを決めました、キッチリと。

田中広輔、ショートフライのあと、途中から菊池涼介に代わってセカンドに入っていた上本崇司に代わって、代打・西川龍馬。
前進守備のレフトの頭を越す勝ち越し2塁打、勝ち越しです。

さて、最後の抑えは誰じゃ?、一岡竜司が残っていました。
一岡竜司、1番からショートゴロ、ショートゴロ、空振り三振に取って、逆転勝利です。5連勝です。

これで、気持ちよく交流戦には入れます、きっと。
去年のように、交流戦を勝ち越すと、ひょっとして今年も・・・・・・・

2017年 5月28日(日) 14:00 東京読売 2-3 広島 延長10回 (東京ドーム)

中村裕太(5回、81球5安打1三振1四球2失点)→中田廉(1回1安打2三振2四球無失点)→中崎翔太(1回1三振1四球無失点)→ジャクソン(1回1三振完璧)→今村猛(1回1三振完璧、1勝1敗8s)→一岡竜司(1回1三振完璧、1s)
ホームラン:エルドレッド13号(7回=同点2ラン)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ