阪神に負け

先発・藪田和樹、重症ですね。
ストライクが入らない、四球連発。
これでは、勝つ方がおかしい。

おかしいが、先制は、カープでした。
2回、下位打線で先制です。
先頭、4番松山竜平がセンター前、安部友裕が送りバント、エルドレッドは見逃しの三振で2アウト2塁。
次打者堂林翔太は、ライト前で、2アウト3塁1塁。
ここで8番會澤翼が、レフト左にタイムリー2塁打、おまけに藪田和樹までがライト前で2点先制しました。

これで、藪田和樹、立ち直るかと思ったが、四球連発病は直りません。

1回は先頭から連続2四球、3回も1アウトから連続の2四球、4回、5回も四球出しています。
こんなことが続いていると、いつかはつけ込まれますよ。

6回にそれがやってきました。
1アウト取ったが、大山、糸原に連続四球を与えます。
ここで、堪忍袋が切れたのか緒方孝市監督、ピッチャー交代を告げます。

一岡竜司が出てきました。
この一岡竜司、藪田和樹の負の連鎖も引き継いだのか(?)、次の梅田に四球を与えます。
これで、1アウト満塁です、すべて四球のランナーです。

一岡竜司、次の代打俊介をショートゴロ、ホームゲッツーに仕留めました・・・・・・・
のはずが、田中広輔、後ろにそらします。(グラブに当たってなかったように見えましたが・・・)
このエラーで同点にされます。

これも藪田和樹の四球連発病に感染したのでしょう。
田中広輔のリズムが狂ったのでしょうね、きっと。

次の代打伊藤はピッチャーゴロかと思ったが、足に当たったのかどこかに跳ね返っています。
強襲安打でついに逆転されました。
もうこの回(6回裏)は、踏んだり蹴ったりの結末でした。

藪田和樹、こんな重症(下で鍛え直した方がいいと思うが)でありながら、黒星は一岡竜司に付きました。
とんだとばっちりです。
藪田和樹、前回の勝ち星といい、ツキだけはありますね。

金本監督には、2年間勝ち越ししているカープです。
もう負けるなよ。

2018年 4月10日(火)18:00~ 阪神 4-3 広島 (甲子園、広島1敗)

藪田和樹(5回1/3、104球4安打5三振8四球3失点2自責点)→一岡竜司(2/3回1安打1四球1失点、1敗)→中田廉(1回1四球0失点)→アドゥワ誠(1回完璧)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ