投手戦を制す

カープ、久しぶりのジョンソン(出産立ち会いのため帰国していた)、東北楽天はエース則本、息づまる投手戦でした。

則本、ほぼ完璧、6回終了まで3安打。
ジョンソン、毎回ランナー(4回だけ3者凡退)を出すけど、キッチリ抑えました。

これは、1点取った方が勝ちだなという試合展開です。

7回表、先頭4番ウィーラーを四球で出します。(代走島井)
5番今井は、セーフティ気味3塁線へバント、ジョンソンが一塁ベースカバーに誰もおらず、ノーアウト2塁、1塁になります。

解説の秦真司さん、三塁線にバントされたらファーストが一塁の戻るのが鉄則とのこと。
ということは、今日ファーストに入っている松山竜平のポカということか。

バントで送られ、申告敬遠で1アウト満塁になります。
ここで、楽天バッター8番嶋、予想はしていましたがスクイズをしてきました。
ジョンソンが捕った時は、3塁ランナー代走の島井、もうホ-ムに帰ってきてましたよ。
スタートもよかったけど速っ!って感じでした。

あぁぁあ!1点取られたか、今日は危ないなという思いがしましたよ、この時点で。

しかし、逆転のカープ、その裏(7回)、先頭鈴木誠也が四球を選びます。
5番松山竜平、守備のポカがありました、前の打席では、粘って粘ってホームラン性のファールも打ちました。
こりゃ期待出来る場面です。
出来るならホームランじゃないといけない(打順は下位にまわるから)と思っていたら、なんとなんとレフトライン際に大きな当たりの打球がいきます。
ホームランです、ライン際にホームランです、逆転2ランです。

これでカープは逆転、ジャクソン、中崎翔太で勝ちです。
交流戦はじめて、カード勝ち越しです。
よかった、よかったですね。

2018年 6月9日(土)14:00~ 広島 2-1 東北楽天 (マツダスタジアム、広島2勝0敗)

ジャクソン(7回90球6安打4三振2四球1死球1失点、4勝2敗)→ジャクソン(1回1安打0失点)→中崎翔太(1回1安打2三振0失点、16s)
ホームラン:松山竜平5号(7回=決勝逆転2ラン)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ