打線、さっぱり

ここまで7勝挙げているオリックス先発アルバースに対して、カープ打線はサッパリ打てませんでしたね。

アルバースは、見るからに打ちにくそうな投球フォームでした。
グラブを持ち上げたらすぐ投げる。
これじゃタイミングも取りにくいだろうと思いましたよ。
しかも、両サイドの低めのコントロールがいい。

新井貴浩のライトソロホームラン(5回)の1点だけですからね。
あと、田中広輔が6回表にレフト前(これをレフトが後逸して2塁打)に打っただけ。
6回を2安打ですよ。
これじゃぁ、勝てませんね、完敗です。

今年初登板の福井優也、丁寧に投げていたけど、2回裏、8番の大城に低めを2ランホームラン(走者は四球)、4回には連打で犠牲フライ、6回には5番ロメロにホームランと要所要所で打たれました。

2018年 6月12日(火)18:00~ オリックス 4-1 広島 (京セラドーム大阪、広島0勝1敗)

福井優也(6回102球5安打3三振1四球4失点、1敗)→アドゥワ誠(1回0失点)→永川勝浩(1回2三振1四球0失点)
ホームラン:新井貴浩2号(5回=ソロ)

※オリックス戦
9連勝だったんですね。
そういえば、3年前だったか、オリックスに3連勝したあと、当時オリックスの森脇浩司監督が解任されましたね。休養だったかな?

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ