大瀬良大地とタダで勝った

大瀬良大地、安定感がありますね、今年は。
2段モーションっぽいフォームに変えたからかな。

その大瀬良大地、好投しました。
7回投げて、ヒットは散発の5本。
そのうち1本を、一軍に上がったばかりの板山(誰?)にソロホームランを打たれました。(5回表)

大瀬良大地は、打撃の方でも活躍、2回裏1アウト満塁からライトフェンス直撃のタイムリー2点2塁打を打ちました。

打撃陣が、その後もヒットで塁に出るものの、得点を奪えません。
大瀬良大地は好投のまま1点リードのまま7回で降板しました。

1点差リード、このまま「あと一人」までいって、何かまた起こるのかな、と思っていたら、その裏(7回裏)、とんでもないことが起こります。

先頭、大瀬良大地の代打、エルドレッドがライト前、田中広輔はストレートの四球、ここで先発小野が降板して、マテオに交代します。
このマテオに対して、菊池涼介が送りバント2度失敗後、センター前へ、これでノーアウト満塁です。
3番バティスタがセンター犠牲フライで1点。
ここからマテオは、ストライクが入りません。
鈴木誠也にストレートの四球、5番松山竜平をセカンドフライに取ったもの、続く安部友裕、野間峻祥、會澤翼と続けて四球、押し出しです。
押し出しで3点ですよ。
バティスタの犠牲フライと計4点、ダメ押し点です。
タダでもらったダメ押し点です。

大瀬良大地の、僅差好投に報いてやったということになりました。
大瀬良大地は、投打の活躍で5勝目です。
あっぱれ、あっぱれですね。

2018年 5月12日(土)14:00~ 広島 6-1 阪神 (マツダスタジアム、広島5勝3敗)

大瀬良大地(7回、104球5安打9三振1失点、5勝2敗)→ジャクソン(1回1三振完璧)→一岡竜司(1回完璧)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ