大瀬良大地、しっかり8勝目

カープ打線、順調に得点を重ねていきました。

2回表には、先頭5番DH松山竜平が、ライトスタンドへ先制のソロホームラン。
3回表には、先頭田中広輔が右中間2塁打、3番丸佳浩の打球は1塁線に高いバウンドでファーストの頭を越え1点追加、2アウト3塁1塁から、新井貴浩がライト前で2点目、計3点です。

先発・大瀬良大地は、1回2回とヒットでランナー出すも、3回は3者凡退で危なげないピッチングでピタリと抑えます。

今日は安心ピッチングで勝つ予感が漂っていました。

ところが、4回裏です。
先頭を空振り三振、次の角中にライト線にヒット打たれますが、次の5番ドミングスはショートゴロ。
ゲッツーでチェンジ、と思ったが、ショート田中広輔、後に逸らし1アウト2塁1塁となります。

ここから、なんとなんとロッテ打線、ヒットが続きます。
6番から9番まで連続ヒット、4連打です。
あれよあれよと4点も取られ、逆転されます。
エラーを気にしすぎだったのでしょうか、ショックでした。

エラーをきっかけに逆転されました。
いわゆるエラーから逆転、負けるパターンの典型ですね。

しかし、エース大瀬良大地、この回は悪夢だったのでしょうか、5回、6回、7回とぴしゃりと抑えます。
今年の大瀬良大地を象徴していますね。

打線も、大瀬良大地の好投を援護するように、5回表には、すかさず先頭丸佳浩がセンターへ同点ホームランです。

7回には、先頭菊池涼介が三遊間内野安打、ワイルドピッチでランナー2塁になったところで、4番鈴木誠也が左中間2塁打で勝越しました。

8回には、先頭會澤翼がレフトスタンドにダメ押しホームラン。

ジャクソン、中崎翔太が3人づつ片付けてゲームセット。

大瀬良大地、4回の悪夢があったが、安定したピッチング。
打線は、効果的な3本のソロホームランもあり、満遍なく打って勝ちました。

2018年 6月1日(金)18:15~ 千葉ロッテ 4-6 広島 (ZOZOマリン、広島1勝0敗)

大瀬良大地(7回120球9安打10三振1死球4失点3自責点、8勝2敗)→ジャクソン(1回2三振完璧)→中崎翔太(1回1三振完璧、15s)
ホームラン:松山竜平4号(2回=ソロ)、丸佳浩6号(5回=ソロ)、會澤翼5号(8回=ソロ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ