交流戦、2カード連続負け越し

九里亜蓮、前回登板と同じようになりました。

カープ打撃陣は、初回に丸佳浩、鈴木誠也、松山竜平の3連打で2点先制。(その裏、2失点で同点にされましたが)
4回には1点、5回には2点と5回終了時点で5-3とリードです。
九里亜蓮も結構打たれてはいるものの、4回、5回は3者凡退に抑えています。

さぁ、ここからは、締めて勝利街道まっしぐらか・・・・
と思った、6回裏、またもや前回登板と同じ崩れていきます。

先頭に右中間3塁打、2アウトにするが、7番井上にセンター前、8番鈴木にはライトフェンス直撃の3塁打で同点です。

ここで九里亜蓮降板。

代わって今村猛が出てきます。
(前回九里亜蓮が登板した5月27日の中日戦と同じです)
今村猛、イニング途中からの登板は、しっくりしませんね。
前回同様です。
9番田村、1番荻野に連打され、2点入れられます。(逆転されました)

5月27日の中日戦の時と同じです。
この時も、4-1でリードしてたのに、7回九里亜蓮、3連打2点で1点差に追い上げられました。
ここで、今村猛に交代、今村猛の代わりばな平田にライトスタンドに持っていかれ、同点になりました。

こういう過去があるのだから、九里亜蓮を1点入れられたところで代えていれば、違った結果になったかも・・・
今村猛は、イニング途中からは、うまくいかないのかもですね。

カープは、直後の7回表、先頭松山竜平が左中間2塁打、さぁここから逆転だぁ~~~~~~
と、思ったが、6番新井貴浩、7番野間峻祥、8番會澤翼と凡退、これでダメと思いましたよ、わたしは。

ロッテが6回下位打線で逆転したのに、カープはダメでした。

2018年 6月3日(日)14:00~ 千葉ロッテ 7-5 広島 (ZOZOマリン、広島1勝2敗)

九里亜蓮(5回2/3、114球9安打2三振6失点、1勝2敗)→今村猛(1回1/3、2安打2三振1失点)→ジャクソン(1回1安打1三振0失点)

※交流戦
開幕から2カード続けて負け越しです。
これで、2勝4敗です。
去年はというと、同じ西武、ロッテ戦でしたが、4勝2敗でした。
今年は、ちょっとうまくいってないですね。

ちなみに、去年は、2カードづつ4勝2敗でした。
トータルで、12勝6敗、他のセリーグが負けてる中、勝越しています。
さて、今年はこの後どうなるか・・・・・

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ