「2017年4月」の記事一覧

ホームラン攻勢で勝ち

先発・岡田明丈、安定していました。 安心して見ていました。 ピンチはなかったんじゃないかな。 1失点した、8回裏は、先頭代打乙坂にライト線2塁打を打たれました。 2アウトにしたあと、2番石川にセンター前タイムリーを打たれ・・・

ボロ負け

敗因を探れば、先発・加藤拓也でしょう。 四球が多いことはわかっていますが、抑えきれなかった。 また、四球の内容が悪かった。 加藤拓也「今日の四球日報」 初回、2番石川に四球、3番梶谷に2ランを浴びました。 3回、先頭・桑・・・

大瀬良大地、やっと初勝利

活躍してくれなきゃならない大瀬良大地、今シーズン4試合目にしてやっと「勝ち」が付きました。 過去3回は、 4月6日、6回6安打無失点、 4月13日、7回8安打5失点4自責点、 4月20日、7階5安打3失点1自責点、 と、・・・

3点差、逆転勝ち

逆転のカープで勝ちました。 3点差逆転勝ちは、4月18日の横浜DeNA戦以来です。 今日は、朝から雨で、家に帰った7時頃、スカパーをつけたら雨のためか電波状況が悪いのか、見ること出来ません。 しばらくして、ネットで速報を・・・

ホームラン1本に泣く

野村祐輔vs菅野。 エース同士の対戦、最小得点差になりそう。 と、予測していました。 そのとおりになりました。 前回、東京ドームでは乱戦になりましたが。 こういう対決は、数少ない失投をとらえた方が勝ちますね。 4回表、坂・・・

久しぶりの勝ち

またまた同じような野球しているなぁ、と思いましたよ、序盤は。 東京ヤクルトに3連敗。 マツダのカタキをとられました、という展開でした。 九里亜蓮、せっかく2回表、3点先制してもらった、自身も四球を選んで、ホームへ返って得・・・

毎日同じ野球やっている

岡田明丈、好投です。 カープ打線、「あと1本が出ない症候群」です。 でも、ピッチャーは肝心なところで打たれ、打線は肝心なところで打てない。 ピッチャーは好投、打線はサッパリ、これがカープの日常生活、いや毎日の野球です。 ・・・

3連敗です、久しぶり?

加藤拓也、テンポもよく、三振取れる武器もありますが「四球」がくせ者です。 わたしは、別に四球で出しても、ヒットを何本打たれても、ランナーをホームまで返さなきゃいいと思いますよ。 見てる方は、ハラハラドキドキしますけど・・・・・

今シーズン初の連敗

先制されたが同点にしたが、延長10回勝ち越され連敗です。 この敗戦の要因は、今村猛を2イニング投げさせようとしたことです。 いわゆる「回跨ぎ」です。 わたしは、10回表、マウンドに今村猛がいたことで、こりゃ、負けると直感・・・

たった1安打じゃ勝てない

初回、2番菊地涼介がセンター前に打った1本だけ。 これじゃぁ、「勝て」という方がおかしいですね。 四球も初回先頭の田中広輔、6回先頭の鈴木誠也、7回1アウト後の新井貴浩、鈴木誠也の連続四球だけ。 今永に完投完封勝利をプレ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ