遅いと早い

苦手ウィーランドが、モタモタしている間に、丸佳浩のライトポール際に先制2ラン。
更に、松山竜平の左中間2塁打、新井貴浩がライト線2塁打で追加点。
3点先制したのに負けるんですね、カープは。

台風21号の影響(雨)で、2日伸びての第4戦、いくら藪田和樹でもはじめての中4日では無理があります。
大丈夫そうな顔してたけど、立ち上がりはコントロールが不安定、1回、2回と四球を出します。

そして3回表、先頭ピッチャーのウィーランドにレフト前で出します。
何でカープのピッチャーは、ウィーランドに打たれるのでしょうか。
この後、ヒット、四球でピンチ、しかしあとをゲッツーに取りましたが、危ない、危ないです。

4回表には、先頭・筒香にソロホームランです。

もう限界かな(?)という雰囲気でした。

5回には、また先頭・ウィランドに四球です(何なんだ、これは!)。
もう、ここでスパッと代えておけばよかったのに。

その後、連打(2塁打、2塁打)され同点にされます。
代わった九里亜蓮も、ロペスにセンター前に打たれ逆転されました。

こうなったら、ラミレス監督の短期決戦の采配が冴えます。
6回裏、カープの攻撃。
先頭・バティスタが四球、新井貴浩がレフト前でノーアウト2塁、1塁、西川龍馬の時、ピッチャー砂田に代えますが四球を選びます。
これでノーアウト満塁の大チャンスです。

ここで直ぐさま、ピッチャー三上に交代です。
カープは、會澤翼に代えてPH岩本貴裕を送りますが、空振り三振、続く代打・小窪哲也も空振り三振、ここでまたピッチャーを代えます。
エスコバーは、田中広輔を初球セカンドゴロに仕留めました。

いやぁーーーーー見事なものです。
前試合でもやりましたね。
早め早めのひとり必殺作戦。

それに引き換え、緒方孝市監督の遅いこと(ピッチャー交代の)。
ペナントレースではいいけど、短期決戦は違うということがわからないのかねぇ。

6回の攻撃、ノーアウト満塁では、最低でも岩本貴裕が外野打たないと、無得点になる確率高いですね。
いわゆる、ノーヒット満塁は点が入らないというジンクスですね。

この6回に、最低限同点、逆転できなかったのが勝負を分けた、勝負は決まったと思います。

2日間の中止で、全体の流れは変わったと思ったけど(1回裏の攻撃で)、まだまだ重い空気が漂っていますね。

それとこの試合は、「ウィーランドの呪い」ですね。
レフト前ヒット、四球(いずれも先頭打者)、四球ですからね。
5回表なんてホームまで帰ってますよ。

短期決戦、カープは、1回負けると、連敗しますね。(去年の日本シリーズもそうでした)
こちらは、短期決戦の呪いでしょうか?

このクライマックスシリーズも????・・・・・・
もう破れかぶれで2連勝するしかないですね。

明日、明後日は、ベンチ、ブルペン総動員で積極的に勝ちに行きましょう!!!!!!

2017年 10月23日(月) 18:00 広島 3-4 横浜DeNA (マツダスタジアム)

藪田和樹(4回0/3、91球5安打4三振4四球、4失点、1勝1敗)→九里亜蓮(1回2安打0失点)→今村猛(1回1安打1三振1四球0失点)→一岡竜司(1回0失点)→ジャクソン(1回2三振0失点)→中崎翔太(1回1三振0失点)
ホームラン:丸佳浩1号(1回=先制2ラン)

クライマックスシリーズ、ファイナルステージ 2勝3敗

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



2 Responses to “遅いと早い”

  1. サッポロの鯉 より:

    こんなことになるとは・・・

    日本シリーズの相手はソフトバンクがいいと決めて
    シーズン中からソフトバンクを応援していたのに、
    馬鹿みたい。
    DNAは、1回に打たれた石田を2回には投げさせない。
    大瀬良を引くずって打たれる、緒方。
    この差ですかね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ