戦力外>久本祐一、中林直己

戦力外通告、この季節になりました。
毎年のことではありますが、寂しいですね。

カープは、久本祐一投手(37歳)と中東直己外野手(34歳)に戦力外を通告しました。

久本祐一は、2012年オフに、中日を戦力外となり、左腕であることを見込まれたのか即カープに加入しました。
2013年は、先発、中継ぎとフル回転の活躍でした。
しかし、2014年に左肘を痛め、11月に左肘靱帯の手術を受け、2015年には、育成契約を結び完治を目指しました。
今シーズンは、支配下選手として契約し、7月29日の横浜DeNA戦に登板しましたが、1回4安打5失点でした。
これが、最後の1軍登板となりました。
今後については、現役続行希望だそうです。
合同トライアウトでどこかのチームが拾ってくれるといいですね。

中東直己は、2006年の大学生社会人ドラフト5位でカープに入団しました。
168センチと小柄な選手でしたが、2013年には代打として活躍しました。
2014年には86試合に出場し、存在感を示しました。
今シーズンは、1軍出場はありませんでした。
今後については未定だそうです。

2選手とも、年齢的なことから、もうこれ以上成長が見込めないということですかね。
カープのために一時期ではありますけど、活躍してくれてありがとうございました。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ