「2016年4月」の記事一覧

逆転勝ち(対中日、6回戦)

この試合も逆転勝ちです。 ランナーは出るが、あと1本が出ない、出ないといっていたのがウソみたいなカープです。 (昔は、鯉のぼりの季節まで、といわれたものですが) 先制(2点)されても何のその。 4回裏、中日ピッチャー若松・・・

うまくいかない(対東京ヤクルト、5回戦)

今日も先制です。 初回、田中広輔→菊池涼介の連打で先制、さらに新井貴浩のタイムリーで2点先制です。 これで勢いに乗るかと思ったが、ところがドッコイ。 その裏、岡田明丈がとんでもないことに。 先頭から3者連続の四球でノーア・・・

連夜のホームラン攻勢(対東京ヤクルト、4回戦)

大量点の翌日は、点が入らない。 というジンクスは通用しなかった。 この日も、初回先制のホームランで、相手の出鼻をくじきました。 1番田中広輔がライト前、菊池涼介が左中間に2ランホームランです。 4回表には、先頭新井貴浩が・・・

新井貴浩2000本安打達成(対東京ヤクルト、3回戦)

新井貴浩の2000本、2000本と騒々しい中ですが、勝因ともいえるのは、2回表の攻撃でしょうね。 5番エルドレッド、6番鈴木誠也、7番堂林翔太の3連続ホームランです。 先発は絶対的安定感のあるジョンソン。 ジョンソンなら・・・

悪いところが出た福井優也(対阪神、6回戦)

福井優也、被ホームラン病か。 よく打たれますね。 しかも、打たれる場面が悪すぎる。 また、カープ打線との相性も悪すぎるのか。 2点先制され、3回裏、會澤翼のソロホームランで1点差。 しかし、ピッチャー能見にヒットを打たれ・・・

さすが黒田博樹(対阪神、5回戦)

さすが黒田博樹ですね。 前回は、不調でしたが、今日は要所をしっかり締めましか。 同じ失敗を繰り返さない。 これがエースたる所以ですね。 大量点の翌日は打てない、というジンクスどおりの展開。 先制打(菊池涼介)、追加点(代・・・

勝つ気あるのか?(対阪神、4回戦)

先発横山弘樹、初回初っぱなからエラー(記録はヒットだが)で先頭打者を出し、3連打と犠牲フライで3失点。 きょうは、これで負けと思ったが、カープもこの裏、田中広輔から4連打と安部友裕の3塁打で4点と逆転しました。 わたしは・・・

大量失点、ゼロ封負け(対横浜、5回戦)

ジョンソンから見れば、不運でした。 ポテンヒットや野手の間を抜ける打球などで1回1失点、2回2失点で出鼻をくじかれた感じです。 逆に言えば、横浜はこれ(ツキ)で乗ったのかな。 というより、モスコーソでしょうね、やっぱり。・・・

延長12回、新井貴浩勝ち越し打(対横浜、4回戦)

延長12回、田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の3連打から新井貴浩のライト前2点タイムリーで勝ち越し、中崎翔太が締めて勝ちました。 横浜スタジアムでの勝ち、コレ重要だと思います。 思えば昨年の開幕早々の横浜スタジアム、3月31日・・・

1点差連敗(対読売、5回戦)

福井優也、1球に泣くということか。 3回、片岡のソロホームランに泣きました。 福井優也の失点は、すべてホームランじゃないですか。(わたしの記憶では) まぁ、ホームランを打たれるということは、速球派エースの証拠か(?) 6・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ